Archives

  • [—]2020 (137)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

SKILL SPEED F3 REPORT 4/20


 ☆☆ SKILL SPEED ☆☆
 ☆☆☆ F3 REPORT ☆☆☆

****全日本F3選手権第2戦****
      決勝レース
    場所:筑波サーキット
    日時:4月20日
    天候:晴れ(路面/ドライ)

    伊藤大輔
    スタート:7番手/決勝順位:リタイヤ

決勝日は快晴に恵まれた。朝のウォームアップでは、タイヤの温存を考えなが
らも各部をチェックして5周のみの走行で終えた。タイムは53秒台をマーク
し、3番手につけることができた。各部の確認及びドライバーのウォームアッ
プも終えて、万全の体制で決勝レースに臨んだ。
午後3時にスタートが切られた。最も混乱が起きやすい7番グリッド付近から
のスタートで、スタート直後のアクシデントを懸念していたが、その心配が現
実のものとなってしまった。まずまずのスタートを決めた伊藤大輔ではあった
が、トップ集団のうちの数台がからんでしまった。前方の混乱を避けようとイ
ン側に寄ったその瞬間、伊藤のマシンに後続車が接触、たまらずスピンしてし
まった。ダメージは少なく再スタートを切ろうとしたところに他の後続車が、
伊藤を避けきれずにフロントから伊藤の右リヤタイヤに激しく接触してしまっ
た。このリヤへの衝撃が致命的なダメージを与え、万事休す。伊藤はその場で
リタイヤとなってしまった。

伊藤大輔のコメント:
「応援してくださっている方々には申し訳ない気持ちでいっぱいです。長丁場
のレースだから、必ずチャンスはめぐってくることを信じ大事に行くつもりだ
ったのですが。自分に対して腹立たしく感じ、スタッフの皆さんには申し訳な
くて。この週末は、ドライバーとして反省しなくてはいけないことばかりで
す。ドライバーの運転技術の未熟さを痛感しています。」

深尾栄一ディレクターのコメント:
「今回のレースは関東エリアということもあり、数多くの方々が応援に駆けつ
けてくれました。チーム一同感謝の気持ちでいっぱいではあるが、その分今回
のリタイアは大変申し訳なく感じている。この2連続リタイアはチームのモチ
ベーションを考えると大きなダメージを与えるものだが、体制を見つめなおし
てまた一から出直すつもりで次回の美祢戦で雪辱をはらすべく精一杯の努力を
重ねていく。」

                        SKILL SPEED F3 TEAM
                                       深尾栄一



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース