Archives

  • [—]2021 (547)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

JAF Grand Prix | SUPER GT

SGT:JAFGP富士GT300クラス第1レース 谷口信輝が最終ラップでの攻防を制し薄氷の優勝!

 JAFグランプリ、富士スプリントカップは12日、富士スピードウェイでスーパーGT第1レースの決勝を行い、予選2位からスタートした谷口信輝(初音ミクグッドスマイルBMW)がチェッカー直前の接近戦を制し優勝した。

gt_jaf_r1_300_start

gt_jaf_r1_4

gt_jaf_r1_33

gt_jaf_r1_43

gt_jaf_r1_300_podium

 レースは12時45分にフォーメーションラップを開始。午前中快晴だった富士も雲が広がり気温16度、路面温度17度と肌寒い気候となってきた。

 スタートはポールポジションの平中克也(JIMGAINER DIXCEL DUNLOP 458)が出遅れ、1コーナーでホールショットを奪ったのは谷口信輝(初音ミクグッドスマイルBMW)。平中は藤井誠暢(HANKOOK PORSCHE)にもかわされ3位に落ちる。4位につけた関口雄飛(JLOCランボルギーニ)はコカコーラコーナー手前で平中を、最終コーナー立ち上がりで藤井を捉え、オープニングラップを2位で帰ってきた。

 しかし藤井も負けていない。3周目の1コーナーで関口を捉え2位に上がると、徐々に逃げ始める。

 トップに立った谷口は独走状態。レース中盤には2位の藤井以下を10秒近く離し、このまま優勝かと思われたが終盤に入ってペースが落ち始め、徐々に藤井が近づいてきた。

 そして最終ラップ。ついに藤井が谷口に追いつく。最終コーナーで谷口をかわしトップに躍り出ると、谷口も負けじとテールトゥノーズでストレートを立ち上がってきた。そしてトップスピードに勝る谷口がチェッカー直前で藤井をパス。0.092秒差の僅差で優勝をもぎ取った。

 3位以下は序盤から混戦。関口、佐々木孝太(R&D SPORT LEGACY B4)らがバトルを繰り広げるが関口も徐々に順位を落とし、佐々木もトラブルでピットイン。

 代わって中盤以降3位に上がったのはティム・ベルグマイスター(ART TASTE GT3R)。その後ろが平中。平中と予選13位から前車を次々とパスしてきた松浦孝亮がバトルしながらベルグマイスターを追う展開となる。

 そして最終ラップ。ヘアピンで平中がベルグマイスター仕掛けるがダートに片輪を落とし失速。後ろでこの2台の争いを見ていた松浦が、この隙に一気にこの2台をパスして3位に上がりそのままゴールした。4位には平中が、5位にはベルグマイスターが入った。

Text: Yoshinori OHNISHI / Photo: Keiichiro TAKESHITA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース