Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT | SUZUKA 1000km

SGT:第6戦鈴鹿公式練習 #8ARTA HSVがトップタイム

スーパーGT第6戦「Pkka GTサマースペシャル」の公式練習は#8ARTA HSV-010(ラルフ・ファーマン/井出有治/小林崇志組)がトップタイムを記録。1分56秒853だった。
GT300クラスは#2アップルK-ONE紫電(加藤寛規/濱口弘/高橋一穂組)が2分09秒207でトップだった。

gt_r06_p_8 gt_r06_p_2

連日の猛暑に見舞われている日本列島。公式予選日を迎えた鈴鹿サーキットも快晴で、公式練習が開始された午前10時5分の時点で既に気温は32℃を越え、路面温度は40℃にまで達した。

このコンディションの中、開始早々にトップに立ったのは#32エプソンHSV。道上龍のドライブで1分58秒652、1分58秒129と快調にペースを上げていった。
これを開始20分過ぎに#8ARTA HSVが上回り、1分57秒483でトップに。ドライバーはファーマンだった。その後一旦はいち早く1分56秒台に入ってきた#23モチュールGT-Rを駆るブノワ・トレルイエにトップの座を奪われたものの、#8ARTA HSVはセッション終盤に再びファーマンの手によって1分56秒853を記録してトップに。結局このタイムがこのセッションのベストとなった。
8号車はその後、今回第3ドライバーに抜擢された小林がステアリングを握り、1分58秒台とGT初戦としては上出来のペースで集会を重ねて走行を終えた。
2番手の#23モチュールGT-Rに続いては3番手には、伊沢と山本の若手コンビ、#100レイブリックHSVつける。前回劇的な逆転優勝を遂げた#17ケーヒンHSVは8番手。
またレクサスSC勢の最上位は#6エネオスSCで6番手だった。

GT300クラスはオーナーの高橋一穂が加わりドライバー3人体制となった#2紫電が前回優勝のSUGOに続いて好調ぶりをみせ、開始10数分でトップに立った。
2番手には第3戦優勝の#74カローラアクシオ、3番手には目下ドライバーズランキングトップの#7雨宮RX-7がつけ、#66アストンマーチンヴァンテッジが4番手だった。
なお今回から参戦することとなった#22RQ's Vemac 350Rはここでは慎重な走行に終始してクラス23位、最後尾に終わり、#28イワサキインダストリーLMP Porscheは21番手だった。

gt_r06_p_22 gt_r06_p_28

スーパーGT第5戦はこのあと午後1時25分より予選1回目、午後3時10分よりノックダウン方式の予選2回目を行う。

Text: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Keiichiro TAKESHITA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース