Archives

  • [—]2020 (45)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第2戦岡山フリー走行 反撃なるか、NSX勢! トップタイムはARTA

スーパーGT第2戦岡山の決勝前フリー走行は、#1ARTA NSX(ラルフ・ ファーマン/伊沢拓也組)が1分25秒166でトップタイム。2番手にも#18TAKATA童夢NSX(道上龍/小暮卓史組)と、 フリー走行ながら今季初めてNSXが1-2を達成した。
GT300クラスは#46レオパレスMOLA Z(星野一樹/安田裕信組)がトップだった。

080413Free500top  080413Free300top

決勝日を迎えた岡山国際サーキットは晴れ。しかし雲の量は多く、夕方からは雨との予報が出ており、決勝レースへの影響が心配される。
しかし現在は日が高くなるにつれて気温も上昇しており、コースコンディションは良好だ。
フリー走行は10分間のサーキットサファリに続いて午前9時より30分間で行われた。

第1戦鈴鹿からここまでGT-Rの速さばかりが目立ってきたが、このセッションでは昨年のチャンピオンマシンを駆るラルフ・ ファーマンが計時開始早々に1分25秒166を記録、TAKATA童夢の小暮も1分25秒876と、NSXが1-2位を占めたほか、 #17リアル4位、#100レイブリック7位、#32エプソン10位と、全てのNSXがトップ10圏内に入り、 決勝での反撃を大いに期待させる結果となった。

対するGT-R勢はポールシッターの#23ザナヴィニスモが相変わらずの速さを見せて3位、以下#3イエローハット6位、 #22モチュール8位と続く。

SC勢も#6エネオスの伊藤大輔が5番手、#36ペトロナスが9番手と、苦しいながらも徐々に巻き返してきた。

GT300クラスは昨日から好調なモーラZがここでもトップ、2位に#26ユンケルポルシェがつけ、 昨日車高違反で惜しくもノータイムとなった#77クスコインプレッサも3番手と、決勝での巻き返しに期待がかかる。
ポールシッターの#43ARTAガライヤも4番手とまずまずの位置だ。

第2戦決勝はこの後午後2時から、82周で戦われる。

Text:Kazuhisa SUEHIRO  Photo:Keiichiro TAKESHITA



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース