Archives

  • [—]2020 (92)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第2戦岡山公式予選1回目 性能調整を跳ね除け、カルソニックGT-Rが暫定ポールを獲得!!

それでもGT-Rは速かった!
2008スーパーGT第2戦、岡山GT300kmの公式予選1回目は、#12カルソニックIMPUL GT-R(松田次生/セバスチャン・ フィリップ組)が性能調整をものともせず、1分23秒645をたたき出して暫定ポールを獲得、 前回1-2フィニッシュを達成したニスモ勢も4位、5位につけ、GT-R勢が相変わらずの速さを見せ付けた。
GT300クラスは#46MOLAレオパレスZ(星野一樹/安田裕信組)が1分31秒767でトップ。 しかし前回2位で性能調整と併せて55kgを追加された#2紫電も見事6番手でSL進出を達成した。

080412Q1GT500TOP 080412Q1GT300TOP

公式予選1回目は午前10時丁度に開始された。

全てのセッションをGT-R勢が席巻した開幕戦鈴鹿の結果を受け、今回はそのGT-R勢と、3位、 4位に入ったSC430勢全車に性能調整としてそれぞれ50kg、40kgのウェイトが課せられることになった。
さらにレギュレーションに則り、前回優勝のザナヴィには55kg、2位モチュールには40kgのウェイトハンデが上乗せされる。

これにより岡山ラウンドではNSX勢が息を吹き返すものと思われた。
しかし予選が始まってみればトップにはカルソニック、3位にイエローハットと、前回ノーポイントの2台が入り、ザナヴィも4位、 モチュールも5位と、相変わらずの速さを見せ付ける。
NSX最上位はARTAの2番手。6番手以下にはリアル、TAKATA童夢、エプソン、レイブリックが続く。
SC430勢はペトロナスの10位が最高と、こちらは性能調整の影響をもろに受けた格好だ。

GT300クラスは46モーラZがトップ、ガライヤが2位、3位には復活したダイシンZがつける。
前回優勝の#7雨宮RX-7は55kgのウェイトハンデに加えて性能調整でも25kgが加算されたのが響いて14位と、苦しい予選となった。 しかし一方で、鈴鹿で2位の#2紫電はウェイトハンデ40kg、追加性能調整15kgをものともせず、混走終了間際になって、 それまでの11番手から6番手に急浮上してみせた。
これによりユンケルポルシェが11番手に後退し、惜しくもSL進出を逃した。

公式予選2回目は午後2時30分から、スーパーラップは午後3時5分から行われる。

Text:Kazuhisa SUEHIRO Photo:Keiichiro TAKESHITA



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース