Archives

  • [—]2019 (469)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

S耐:第1戦鈴鹿フリー走行 エンドレスZが総合トップ

スーパー耐久2008第1戦鈴鹿の決勝前フリー走行は、2分10秒422と、予選と遜色ないタイムを叩き出した#1ENDLESS ADVAN Z(青木孝行/藤井誠暢組)が総合とST1クラスのトップだった。

080427STFREE1フリー走行は午前8時45分より45分間で行われた。
予選から速さを見せていたBMW Z4Mクーペの2台とエンドレスZはここでもアタマ一つ抜けた速さを見せ、トップ3を占めた。
ここでのベストタイムは1号車の青木がセッション前半で出した2分10秒422だ。

総合4位には並みいるポルシェ勢、ランサー勢を押しのけ、 ST3クラスの#333エクセディH.I.S.イングスZ(前嶋秀司/佐々木雅弘組)が入った。
ST2トップは#20RSオガワADVANランサー(阪口良平/加藤正将/小川日出生組)で総合6位。 ST2ポールの#6ランエボIXが2番手、#11エボXがクラス3番手の総合8位と続く。

ST4クラスは予選から一貫して#51AGY ings インテグラ(井尻薫/黒木英春/黒木健次組)がトップを守っており、 シビック勢は55号車の4番手が最上位と、インテグラ優位の状況だ。

第1戦決勝は午後1時30分より、87周で戦われる。

Text:Kazuhisa SUEHIRO Photo:Keiichiro TAKESHITA



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース