Archives

  • [—]2020 (143)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

F3第4戦 鈴鹿 決勝


連勝を飾った小暮(Photo:K.Takeshita)


小暮、筑波の借りを返し鈴鹿は完勝!

3月24日、三重県鈴鹿サーキットで全日本F3選手権の第4戦が開催された。23日
午前中に行われた予選では、昨日の第3戦のウイナーとなった#1小暮卓史がポール
ポジション。2番手は開幕筑波ラウンドでのウイナー#7パオロ・モンティン、3番
手には#64佐藤晋也、4番手は#36片岡龍也、5番手には#8横溝直輝というオーダー
となっていた。

決勝レースのスタートは、3番手#64佐藤と、7番手の#3マチュー・サンガレリが相
次いでストール。スタート直後の展開は#1小暮、#36片岡、#7モンティンの順となっ
た。オープニングラップは、トップ小暮に続いて戻ってきたのは、シケインで#36
片岡をパスしたモンティンで、2台の差は1.9秒となっていた。17周のレースの前
半、その差は2秒前後で推移した。#36片岡、#12富澤勝、#37平中克幸らの3位争
いは、4周目の130Rで#12富澤をかわして4位になった#37平中の2戦連続表彰台
に期待がかかったが、8周目でその#37平中は3位に浮上。

9周目の1コーナーでは6位争いの#12富澤と、#11星野一樹が接触し、#11星野は
コースアウトからリタイヤ。いったんはコースに戻った#12富澤も間もなくレース
を終える。終盤の12周目では#1小暮と2位の#7モンティンの差は5秒。3位には
#37平中で、4位争いには#36片岡と、後方から懸命に追い上げてきていた#64佐藤
とのバトルになっていた。#64佐藤は間もなく#36片岡をとらえるが、残り2周の
16周目なんと#37平中と#64佐藤が接触し2台は大きく遅れてしまう。このため、
2台の後方に居た

#36片岡が「2台にコースをふさがれてグリーンをカットしました」とレース後に
語った様な展開となり、結果は#1小暮の鈴鹿2連勝、2位には#7モンティン、3位
には#36片岡が表彰台を手にした。

ウイナー、小暮選手のコメント
「序盤はモンティンがついてきたんですが、自分のペースでレースができて、今
日の方が楽に勝てました。路面状況は昨日とはあまり変わらなかったんですが、
今日は風がないぶん安定して走れました。富士でもここと同様に2連勝できれば
と思っています」

Report:K.Takeshita

2002年3月24日 鈴鹿サーキット(三重県) 決勝 天候:晴れ/コース:ドライ

P.-No.Driver-----------Car-----------------Lap--GoalTime-
 1  1 小暮卓史         ダラーラF302/MF204B  17  34'18.384
 2  7 P.モンティン     ダラーラF302/3S-GE   17  -   7.792
 3 36 片岡龍也         ダラーラF302/3S-GE   17  -  22.066
 4  8 横溝直輝         ダラーラF302/3S-GE   17  -  27.540
 5 33 吉本大樹         ダラーラF302/3S-GE   17  -  29.404
 6  3 M.ザンガレリ     ダラーラF302/3S-GE   17  -  43.175
 7  5 西村秀樹         ダラーラF302/3S-GE   17  -  45.053
 8 18 中村裕史         ダラーラF302/3S-GE   17  -  52.920
 9*64 佐藤晋也         ダラーラF302/MF204B  16  -  1 Lap
10*37 平中克幸         ダラーラF302/3S-GE   15  -  2 Laps
-----------------------以上完走--------------------------
  *12 富澤 勝         ダラーラF302/SR20     8  -  9 Laps
   11 星野一樹         ダラーラF302/MF204B   8  -  9 Laps
    2 長屋宏和         ダラーラF302/MF204B   1  - 16 Laps
---------------------------------------------------------
Fastest Lap #64 佐藤晋也 2'00.053 15/17  174.55km/h

* #64は、危険なドライブ行為により1周減算およびペナルティポイント1点。
* #37は、2002年全日本F3選手権統一規則違反違反により罰金3万円。
* #12は、危険なドライブ行為により訓戒およびペナルティポイント1点。



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース