Archives

  • [—]2020 (93)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

NISMOモータースポーツニュースフラッシュ(GT合同テスト)


(C)NISMO

全日本GT選手権(JGTC)合同テスト
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
■開催月日:3月31日(日)-4月1日(月)
■開催場所:富士スピードウェイ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■NISMOロングランテストを順調に終了
 VQエンジン搭載車も好タイムをマーク

3月31日(日)、4月1日(月)の2日間、富士スピードウェイでGTの合同テストが開
催され、NISMOは開幕戦に使用する#22ザナヴィニスモGT-R、#23カストロールピッ
トワークGT-R、さらにシーズン途中から投入を予定しているVQエンジン搭載のテ
スト車両(#0)を走行させた。

19台のマシンが参加してテストを開始。初日は主に#22 GT-Rをミハエル・クルム
が、#23 GT-Rをエリック・コマスと影山正美が、そして#0 GT-Rを本山哲がドライ
ブ。02モデルがそろう中、今回が2度目のテストとなる#0 GT-Rは54周し1分25秒
650でで10番手、#22 GT-Rは69周し1分25秒870で12番手、#23 GT-Rは76周し1分26秒
301で17番手のベストタイムをマークした。

2日目は、4名のドライバーが交互に#0 GT-Rをドライブ。第2戦が昨年同様500km
レースで行われる予定のため、#22、#23 GT-Rのテストはロングランに重きが置か
れた。#23 GT-Rは101周し1分25秒247で11番手、#22 GT-Rは80周し1分25秒600で14
番手。また#0 GT-Rは本山が1分25秒216のベストタイムを出し10番手だった。

■小河原宏一監督
「22号車と23号車は、1発のタイムは出していませんが、ロングランをやってア
ベレージのタイムは良さそうなので、レースではいい結果を出せると思います。
新型エンジン搭載車については、まだ2回目のテストでそこそこのタイムが出た
ので、ちょっと驚いています。」

上記の詳細情報は「NISMO official web site」をご覧下さい。
http://www.nismo.co.jp/M_SPORTS/contents.html



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース