Archives

  • [—]2021 (644)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

その他

Motorsports@nifty フォーミュラトヨタ参戦プロジェクト始動


Motorsports@niftyが応援する#76江口選手

Motorsports@niftyの支援を受け、ザウルスJrレースシリーズ
に参戦しているMiya Racing Serviceと、そのザウルスJrレー
スシリーズではライバル関係にあるチームタカギレーシング
が、フォーミュラトヨタレースシリーズにジョイントで参戦す
ることが決まった。

これは、チームタカギレーシングでザウルスJrレースシリーズ
に参戦していた江口充洋選手が、次のステップアップカテゴリ
としてチョイスしたフォーミュラトヨタの参戦にあたり、所属
先のチームタカギレーシングをMiya Racing Serviceがメカニカ
ルとマネージングで手伝うと言うもの。

そのデビューレースが「もてぎスーパー耐久500」のサポートレ
ースにあたる「エッソフォーミュラトヨタシリーズ第3戦」と
なった。

TRDからのFT30用コンバージョンキットに含まれるパーツの供給
が遅れたことから、マシンの完成したのがレースウィークの水
曜日。翌木曜日からシェイクダウンを行うが、マイナートラブル
とマシンに対するドライバーの慣熟が進まず、思うようなタイム
を出せないままレースディを迎えた。

予選は、コースアウトやコース上でトラブルの発生するマシンが
続出し、赤旗が2度出てセッションは都度中断。特に2度目の赤
旗の原因となった#8番場選手のマシンは、今年バイアスからラジ
アルに変更されたタイヤと、LSDの装着が許されたために駆動系に
負担が掛かった結果、ハブ部分からドライブシャフトが破断し、
リアタイヤが走行中外れるというトラブルによるもの。

前回の菅生戦では、新造されたモノコックの強度不足から、クラ
ッシュによるマシンの損傷が激しかったことや、今回のパーツ強
度の問題等、FT30の安全性やパーツの耐久性、コストについては
もう一度検証する必要性があるのではないかと感じた一面だった。

何度か赤旗でセッションが中断されるという荒れた展開となった
予選。Motorsports@niftyが応援する#76江口選手は果敢な走行を
続けるが、タイム的には一歩及ばず。結果、17番手からのスター
トで決勝を迎えるに留まる。

翌日の決勝は朝より気温が上昇し、FTの決勝を迎える時は既に30
度を上回ると言ったコンディション。
#76江口選手は順当なスタートを切り、序盤に2台をパス。その後
抜いた1台に抜き返されたりするものの、コースアウトするマシン
等もあり、一時は14位を走行する健闘を見せた。
しかし8周目。序盤からマシンの挙動がピーキーになっていたせい
もあってか、ダウンヒルを下りきった直角コーナーでスピン。
マシンはコース上に留まったものの、再スタートが切れずリタイ
ヤとなった。

レースは、ポールポジションの#61小早川済瑠選手がスタートから
逃げ切り、ポールtoウィンを達成。2位も同じル・ボーセより参戦
する#62名和選手が獲得した。
注目の高校生ドライバー#7平手選手は、6番手からのスタートとな


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース