Archives

  • [—]2019 (427)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:日本F3協会が2007年マカオGP出場ドライバーを発表

f3_macau_all

日本フォーミュラスリー協会は10月21日、全日本F3選手権第19戦・20戦が開催されているツインリンクもてぎで、 2007年マカオGPに参戦するドライバーの合同記者会見を行った。
参加したのは、

大嶋和也(トムス)
オリバー・ジャービス(トムス)
ロベルト・ストレイト(プレマパワー)
塚越広大(マノーモータースポーツ)
伊沢拓也(フォーテック)

の5名。(カッコ内はマカオGPで所属するチーム)
いずれも2007シーズンのトップランカーたちだ。
会見に臨んだドライバーたちは、マカオに参戦できる喜びや抱負をそれぞれの口調で語った。
また、いくつかのヨーロッパのチームやドライバーを具体的に挙げてライバル視する発言も出るなど、 このレースにかける意気込みがひしひしと伝わってくる会見となった。

参加ドライバーのコメント

ロベルト・ストレイト

f3_macau_streit 昨年と同じチームから出場することになりました。
昨年は初参戦にしてはいいレースができましたし、今年はトップ5かトップ6ぐらいはいけると思います。 昨年もクルマのポテンシャルを引き出せたと思いますし、自分のパフォーマンスも発揮できましたが、サーキットには本当にびっくりしました。 一瞬も気が抜けないし、常に100%プッシュしていないとすぐにおいてかれてしまう。実にユニークな経験をしましたね。
今年の参加メンバーだと、10人くらいは勝てるドライバーがいます。ニコ・ヒュッケンベルグやセバスチャン・ブエミ、カムイ・ コバヤシなんかは要注意ですし、カーリン・モータースポーツやライコネン・ロバートソンのドライバーも手強いでしょうね。

大嶋和也

f3_macau_ohshima 去年は7位に入りましたが、全然納得できるレースじゃありませんでした。 今回使う1AZエンジンは山側でポテンシャルが見せられると思います。
マカオ用のテストはやっていませんが、エンジンはマカオを想定して開発してきたので心配はしていません。 今回はとにかく最後までずっとコースに残って結果を出します。
今年はエントリーリストを見ると、びっくりするぐらい速いドライバーがそろっていますが、 中でもTDPの可夢偉には何としても勝ちたいですね。

オリバー・ジャービス

f3_macau_javis レースには自信があります。今回は2年目ですからアドバンテージがありますし。難しいコースですから、 一度走っていることは大きなアドバンテージになるんですよ。
トムスは去年も速かったので、今年も二人そろって表彰台に上がりたいし、ボクの目標は優勝です。
昨年はホンダエンジンでしたが、今年はトヨタエンジンでメルセデス勢と戦うことになります。厳しい戦いになると思いますし、 今回は2年目3年目のベテランも多いのでそういう意味でもタフなレースになると思います。
ASMやRR(ライコネン・ロバートソン)、マノーモータースポーツなどのドライバーは要注意ですが、日本のF3もレベルが高いので、 今日ここにいるドライバーやマルコ(アスマー)などの上位ランカーはみんな表彰台に上がる実力があると思います。

塚越広大

f3_macau_tsukakoshi まずは、このチャンスを与えてくれたホンダ、リアル、スーパーアグリと、応援してくれた皆さんに感謝したいです。
マカオに出場できるのも嬉しいですし、レベルの高いレースで戦えることは、ドライバーとして嬉しいことです。
今年のマノーもいいチームですから、昨年以上の結果を出したいです。
今年1年ダラーラで戦ってきたことが生きてくると思いますし、オレンジのマシンで走るので、どこにいても目立つと思いますが、 走りのほうでも負けないように目立ちたいです。
最低でも日本人選手には勝ちたいですね。

伊沢拓也

f3_macau_izawa 去年も出たかったんですけど出場できなかったので、今年出るために観戦に行きました。あとで車で走ってみたんですが、 思ったより狭いコースでしたね。
今年は夏ごろから交渉を始めて出場が決まりました。参戦するドライバーの中には、 ボクがフォーミュラルノーをやっていた頃のライバルもいるので、また一緒にレースをするのが楽しみです。
シーズン最後のレースを光る走りでアピールできたらな、と思っています。
日本人選手の中のトップにはなりたいですね。

Text:Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Yoshinori OHNISHI



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース