Archives

  • [—]2021 (484)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

JAF Grand Prix | SUPER GT

JAF:GAINER DIXCEL R8 LMS、BOPで苦戦するも総合8位を獲得 (GAINER)

  • 第1レース 平中克幸 予選14位、決勝7位
  • 第2レース 田中哲也 予選14位、決勝6位
  • 金曜日入場者数:8,000人 土曜日入場者数:19,000人 日曜日入場者数:41,300人

2012年11月16日(金曜日) 晴
  • 公式練習:10:00~11:00 気温:12度・路面温度:21度・路面状況:ドライ
  • 第1レース予選:14:05~14:25 平中克幸 気温:16度・路面温度:19度・路面状況:ドライ
  • 第2レース予選:15:10~15:30 田中哲也 気温:13度・路面温度:14度・路面状況:ドライ

 今年で3回目を迎えた富士スプリントカップJAF-GP。1年目は田中哲也、平中克幸共にシーズンの鬱憤を晴らすべく優勝し、JAF-GPも獲得した。

 昨年は平中がポールポジションからスタートしたものの4位、田中哲也は3位と総合3位を獲得してきた。

 今年はBOP(バランス・オブ・パフォーマンス/FIAの性能調整)の理不尽さに非常に泣かされたシーズンを送った。このJAF-GPでは何とか第1戦岡山でのレースの再現を願いたい。

 1時間の練習走行は田中哲也からコースへ。走り出しのバランスは良さそうで、短い練習時間でセットを詰めていく。40分ほど経過してから平中克幸と交代。1時間の練習走行はあっという間に終了した。

 午後からは第1レース予選、第2レース予選と別々にタイムアタックを行う。第1レースを走るのは平中。今回はタイヤのセット数規制がない。

 コースオープンと共にピットを離れていく。オーバーステアが強めだったが4周目に1分39秒612のタイムで暫定4番手。5周目にオーバーステア対策でリアウイングの調整とタイヤ交換の為にピットへ。さらなるタイムアップを狙い再びコースへ。この時点では既に9番手まで後退していた。

 徐々にタイヤも暖まり、徐々にタイムアップしていく。最後のアタックを残して14番手のポジションから上位を狙う。渾身のアタックを行い、1分39秒334のタイムで11番手まで浮上。しかしこのアタックの最終コーナーで痛恨の4輪脱輪を犯してしまっていたため(予選中の4輪脱輪はタイム抹消になる)このタイムは抹消となり、14番手が確定した。

 24台参加している中でも、23番目のストレートスピードしか出ていないため、トップのポルシェ勢とは17kmも差があり、非常に苦しい戦いになってるということはいうまでもない。

 500の予選を挟んで田中のアタックが開始された。1回目の平中の予選を考慮しながらコースへ。平中と同じく4周計測でピットへ。この時点で12番手。タイヤを替えて再びアタックを開始。徐々にタイムを上げていき5周目に1分39秒897で平中と同じく14番手で決勝を迎えることとなった。

平中克幸コメント
 結果的に14番手でしたけど、自分的にはこれ以上ない位のアタックが決まったのですが、そのラップは4輪脱輪でタイム抹消になってしまいました。凄く決まったと思ったアタックでさえも11番手だったと思うと、今年のシーズン通して、富士でのAUDI車両は本当に苦戦続きだったと思います。今回もその通りになって、特に1分37秒とか38秒とか出している車は居ましたが、そんなタイムは到底見えないですね。自分で出来ることは出来たんじゃ無いかと思います。明日他は天気が崩れる予報なので、毎度のことですが追い上げのレースでみんなを沸かせられたらと思います。
田中哲也コメント
 自分の中で完璧に決められた周があったかといわれると、踏みすぎてのオーバーステアだったり、なかなか綺麗に決めることが出来なかったですね。だからといって、大きなミスをしたかといえばそれもなかったですし。順位的には非常に厳しいですが、何とか決勝は耐えてがんばります。

2012年11月17日(土曜日) 雨
  • 第1レース決勝22周:12:45~ 平中克幸 気温:10度・路面温度:10度・路面状況:ウエット

 天気予報が当たり、ウエット路面のレースとなった第1レース決勝。それもかなり激しい雨量のレースになった。年に1度のスタンディングスタート。レッドシグナルが順に点灯し、一気にブラックアウトしてスタート。

 平中は抜群のスタートを決め、1コーナーまでに一気に順位を上げていた。しかし1周目のDUNLOPコーナーで、No.43GaraiyaとNo.66アストンマーティンが接触し、行き場の失った平中は結局11番手でコントロールタワーを通過。

 2周目にはNo.87ランボルギーニを交わし10番手に。その後No.66にドライブスルーペナルティが課せられ難なく9番手に。

 ペースを上げていく平中は続いてNo.88ランボルギーニをパスし5周目には8番手までポジションを上げていく。前を行くNo.52メルセデスとの差も徐々に詰めて行き、1.5秒差まで迫るがペースの落ちてきたNo.911ポルシェをパスするときに一気にペースを上げられてしまう。その後再びラップタイムを上げる平中。20周目には全車のトータルベストタイムを記録(その後No.43が更新)徐々に差を縮めていくが、22周のレースはあっという間にチェッカーフラッグが振られ、7番手で決勝を終えた。

平中克幸コメント
 自分の出来る限りのことは出来たと思います。気温が低く、タイヤが最後まで暖まらない状態で、グリップレベルが低かったのですが、そんな中でもある程度ペースを上げることが出来たのですが、追い上げるに当たってはもっともっとペースの良い状態で走らなければいけなかったですね。その辺で苦戦しましたが、今年最後のレースで結果的には7位でしたが、走り的には自分の中で納得出来るものがありました。
2012年11月28日(日曜日) 晴れ
  • 第2レース決勝22周:14:15~ 田中哲也 気温:12度・路面温度:12度・路面状況:ドライ

 昨日とは打って変わって晴天の中、第2レースの決勝はオンタイムでスタートした。田中も平中同様に好スタートを切り1コーナーへ。1コーナーでは接触があり、それを交わしながら前に進む田中。1周目には一気にポジションを上げて6番手で通過する。しかしGT3の中でも、群を抜いてストレートスピードの遅いAUDIは、2周目にはNo.52メルセデス、10周目にはNo.61BR-Z、No.88ランボルギーニ2台に一気にパスされ、8番手に後退。

 しかし差が開いていくでもなく、田中は前に食らいついていく。12周目にはポールからスタートしていたNo.33ポルシェを交わし、7番手に浮上。その後No.31プリウスもパスし6番手に。しかし、田中の追い上げもここまでで、22周のレースは6番手でチェッカーを受けた。

 総合優勝はNo.33が獲得し、GAINERは8番手でJAF-GPを終えた。

田中哲也コメント
 スタートは凄く良くて、ポジションを上げられたのですが、その後はストレートが伸びない分、なかなか苦しい展開でしたね。とりあえず、6位で終われたことは良かったと思っています。1年間ストレートスピードの遅さに苦しめられましたが、無事にシーズン 終われて良かったです。
Text & Photo: GAINER


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース