Archives

  • [—]2019 (407)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Challenge Japan | Formula Nippon | Japanese F3 | SUPER GT

HONDA、2006年度の参戦体制を発表!

 ホンダは20日、2006年度のモータースポーツ参戦体制を発表した。この中で国内4輪レースでは昨年に引き続き、SUPER GTに参戦、「Honda NSX-GTプロジェクト」のもと、チームとドライバーズのダブルタイトル獲得を目指す。また、フォーミュラニッポンへのエンジン供給、全日本F3への参戦、フォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ)への支援も合せて発表された。

■SUPER GT

(株)M-TEC と(株)童夢の協力のもと、「Honda NSX-GT プロジェクト」を組み、3 チーム4 台にて参戦します。エンジンは、V6 3.5 リッターNA(自然吸気)エンジンを更に熟成させ、コーナリング特性に優れた車体で、チームとドライバーズのダブルタイトル獲得を目指します。

チームドライバー
チーム・ホンダ・レーシング(Team Honda Racing)#8伊藤 大輔(Daisuke Ito, 30 歳, 東京都)
ラルフ・ファーマン(Ralph Firman, 29 歳, イギリス)
#18道上 龍(Ryo Michigami, 32 歳, 奈良県)
小暮 卓史(Takashi Kogure, 25 歳, 神奈川県)
エプソン・ナカジマ・レーシング(EPSON NAKAJIMA RACING)#32武藤 英紀(Hideki Mutoh, 23 歳, 東京都)
ロイック・デュバル(Loic Duval, 23 歳, フランス)
チーム・クニミツ(Team Kunimitsu)#100セバスチャン・フィリップ(Sebastian Philippe, 30 歳, フランス)
細川 慎弥(Shinya Hosokawa, 24 歳, 福岡県)
■フォーミュラ・ニッポン

 今年から新たに日本レースプロモーションを通じ、4 チーム8 台に3リットルV 型8 気筒エンジン「HF386E」を供給します。

チーム

  • ドコモ・チーム・ダンディライアン・レーシング(DoCoMo TEAM DANDELION RACING)
  • ナカジマ・レーシング(NAKAJIMA RACING)
  • チーム5 ジゲン(TEAM 5ZIGEN)
  • オートバックス・レーシングチーム・アグリ(AUTOBACS RACING TEAM AGURI)
■全日本F3 選手権
チームドライバー
ホンダ・チーム・ムゲン (Honda TEAM 無限)#10塚越 広大(Koudai Tsukakoshi, 19 歳, 栃木県)
ホンダ・トダ・レーシング(Honda TODA RACING)#2伊沢 拓也(Takuya Izawa, 21 歳, 東京都)
■フォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ)

 世界で活躍する有能な若手ドライバーの発掘・育成と、日本のモータースポーツの裾野を広げ将来を支える人材の育成を目的に、2006 年に立ち上がる新たなジュニア・フォーミュラレース「フォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ)」に、全面的に協力していきます。Honda の新ドライバー育成プログラム「Honda フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト」に「FCJ」を組み入れ、「鈴鹿レーシングスクール(SRS-K、SRS-F)」、「FCJ」、「全日本F3選手権」、「フォーミュラ・ニッポン」を通して、体系的な育成プログラムを展開します。「SRS-F」の卒業者に対して、「FCJ」に参戦するスカラーシップを、「FCJ」に対しても上位カテゴリに参戦するスカラーシップを与え、世界的に活躍できる若手選手の輩出ができるよう、長期的な視野で継続した活動を推進していきます。

ホンダプレスリリースより抜粋



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース