Archives

  • [—]2020 (255)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

童夢製GAINERフェラーリは松田秀士と田中哲也のコンビに

20030308_1.JPG
2000年シーズンのGAINER FERRARI(Photo:Motorsports@nifty)

 レギュレーション変更に備えてチームの活動を1年休止して準備を進めていたTEAM GAINERのJGTC参戦体制が整った。

 GT300クラス用の「JIM GAINER Ferrari 360 GT」は、今や世界のレーシングカーコンストラクターの仲間入りを果たした童夢が開発。そのマシンポテンシャルを引き出すべく、ドライバーには速さと安定さを併せ持つベテランコンビ、松田秀士と田中哲也が起用されることになった。

 過去、国産マシン、ポルシェなどの後塵を拝してきたフェラーリだが、今年はその名に恥じない活躍が期待できそうだ。

 マシン開発の経緯は童夢のホームページに記されている。



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース