Archives

  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

FN第9戦予選 記者会見

1126_conf

ポールポジション 松田次生(5ZIGEN)

 「金曜日の練習からセッティングが決まらなくて胃の痛くなるような状況で、クルマをどうしようかと考えていました。予選1回目でセットを変更して、2回目も少し変更したセットがうまくいったのとタイヤの暖め方がうまくいったので、ポールを獲れたのだと思います。アンダーをどうして消そうかだけ考えてたので、決勝セットは何もやっていません。クルマの悪いところはわかっているのでエンジニアと相談して明日の戦略を考えたいと思います」

予選2位 片岡龍也(Forum Engineering LeMans)

 「今日は記者会見に来られるとは思っていませんでした。金曜日から今日の午前中まで思う方向にクルマが進まなくて、午後も多少は良くなった感じだったんですけど、3セット目を早めにいって様子を見たんですが、いまひとつしっくりくるものがありませんでした。最後にウイングだけ減らしてアクセル踏んでる区間で稼げるようにしたのが、結果的にクルマのバランスにもいい方向にいったのだと思います。最後のアタックだけは昨日から通して唯一決まりました。これから明日の作戦を考え、このポジションを生かしたレースをしたいと思います」

予選3位 土屋武士(Forum Engineering LeMans)

 「予選の記者会見に来るのは2003年にここでPPを獲って以来です。あれだけ土曜日の男と言われていたので、ほっとしています。昨日からクルマは悪くなくて、1回目がトップタイムで、十分ポールを獲れる可能性があったので悔しいです。今日は親友だった真田清裕選手の7回忌なので、ここで清裕の名前を出してそういうヤツがいたというのを思い出して欲しいと思ってたので、絶対記者会見には出たかったです。決勝は金曜日から満タンでセッティングも出ていますので、期待してください」

まとめ & Photo: Yoshinori OHNISHI (FMOTOR)



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース