Archives

  • [—]2019 (427)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

全日本F3選手権 第13/14戦 筑波/トヨタレースレポート


第14戦でポール・トゥ・ウィンでの勝利を飾ったトムスチームの片岡龍也(C)Toyota

               全日本F3選手権 第13/14戦 筑波

 全日本F3第7大会 第14戦で片岡龍也がポール・トゥ・ウィン完全勝利
  第13戦は勝利を逃すものの第14戦はトヨタ・トムスエンジンが表彰台独占

 全日本F3選手権の7大会(第13戦/第14戦)「2003筑波チャレンジカッ
プレース第2戦」が8月9日、10日の両日、茨城県の筑波サーキットで行われた。
 同大会はF3の2レースのほか、若手育成中間フォーミュラとして14年の歴史
を持つ、フォーミュラトヨタシリーズが、初の試みとして第4戦・第5戦の一大会
2戦を開催。また人気のワンメイクレースシリーズ、ネッツカップヴィッツ関東シ
リーズ第5戦が筑波のフルグリッド30台を大幅に超える68台のエントリーを集
めて、予選落ち車両を対象としたコンソレーションレースも2戦行われるなど、夏
休みらしく盛りだくさんな内容で来場した観客を楽しませた。

◆予選◆
 9日(土)は、台風10号の接近により朝から荒れ模様。午前10時50分から
15分づつ行われた公式予選は雨こそ落ちてこなかったものの、強い風が吹く悪コ
ンディションとなった。
 しかし、このセッションで、6日(水)、7日(木)にツインリンクもてぎのJ‐
GTC合同テストでGT300のセリカ71号車を初ドライブしたあと筑波入りし
た片岡龍也(トムス/トヨタ・トムス3S-GE)は好調を維持。シリーズ随一の
ツイスティなコースに強めのダウンフォースをつけて臨むと、第13戦の予選で、
11周目にトップタイムをマークし、F3では自己初となるポールポジションを獲
得した。そして、続く第14戦の予選でもコンディションの変化を待って最終周に
トップタイムをたたき出し、2戦連続ポールポジションを獲得。
 一方、現在ポイントランキング首位を守るJ.コートニー(トムス/トヨタ・ト
ムス3S-GE)は、やや少なめのダウンフォースセッティングを選択したが、初
めて走る、やや特殊なコースに馴染めず第13戦、第14戦ともに3番手。
 第14戦では、前戦連続2位入賞のR.クインタレッリ(インギング/トヨタ
・トムス3S-GE)が2番手グリッドにつけた。
 F3の予選は、なんとかドライコンディションで行われたが、その後間もなく大
粒の雨が降り出し、風も風速10mを超え、午後に予定されていたフォーミュラト
ヨタ第4戦の決勝とF3の第13戦の決勝は、翌日10日(日)に順延されること
となった。

◆第13戦決勝◆
 10日(日)は、台風一過で朝から快晴。強い陽射しが照りつけ、気温は午前中
に30度を超え、路面温度も50度近くまで上昇する、夏本番の戦いとなった。32
周から27周に短縮され、午前9時57分にスタートが切られた第13戦の決勝で
は、ポールポジションからスタートした片岡龍也が痛恨のスタートミス。2番手ス
タートの山西康司(無限MF204C)の先行を許し、レース序盤のダッシュで逃
げ切りを図ろうとする山西康司を激しくプッシュ。
 この片岡龍也の追撃は観客を釘付けにしたが、舞台は抜きどころのほとんどない
筑波とあって、惜しくも逆転はかなわず、結局そのままの順位でチェッカー。片岡
龍也は「悔しい」2位表彰台となった。
 また、3番手スタートのポイントリーダーJ.コートニーもスタートが思わしく
なく、P.モンティン(ニッサンSR20VE)、R.クインタレッリに続く5位
でレースを終えた。

◆第14戦決勝◆
 第13戦が行われた後、サポートレースをはさんで第14戦は、午後2時57分
に45周のレースがスタート。
 今度は「100点満点」という好スタートを切った片岡龍也は、R.クインタレッ
リを従えて1コーナーに進入。そのまま後続を引き離すと間もなく独走体制を築く
が、ギャップが開いてもペースを緩めず、積極的な走りでレースをリード。2位の
R.クインタレッリに4.158秒差をつけてチェッカー。
 片岡龍也がF3で自己初のポール・トゥ・フィニッシュの完全勝利をものにした。
3位にはJ.コートニーが続き、表彰台を独占したトヨタエンジン搭載車が圧倒的
強さをアピールした。
--------------------------------------------------------------------------------
トムスチームの片岡龍也のコメント:
ずっと望んでいた自力での優勝が実現できて本当に嬉しい。F3での初勝利は、昨
年果たしたが、あのときはラッキーもあった。 今日はマシンもエンジンも完璧な仕
上がりで、決勝中タイムが落ちたのは細かいミスによるものだ。まだ、どう喜んで
いいか分からないが、ドライバーとして、今後のレースへと自信にもつながった。

トムスチームのJ.コートニーのコメント:
初走行の金曜日にデフの交換などで思うように走れず、セッティングが煮詰められ
ないまま予選に臨むこととなった。決勝では2戦ともハードプッシュしたが、今回
は片岡が速かった。チャンピオンシップも残り6戦。ポイントはリードしているが
絶対に気を抜かず、なんとしてもタイトル獲得に向けて頑張る。


トヨタ・チーム・トムス監督 関谷正徳のコメント:
片岡君は今回実力を出し切って優勝を飾ってくれた。筑波は、予選順位の比重が大
きいのは事実だが、第13戦のようにスタートのワンミスで勝ちを失う厳しい世界
で競い合って勝ったということだ。J.コートニーを倒したことは周りの評価、今
後の流れが変わるきっかけにもなるはずだ。一方、小早川君は、トランスミッショ
ン系のトラブルもあったようだが、結果を出せず残念だった。ルーキーとしての成
長に期待している。

--------------------------------------------------------------------------------
第13戦 リザルト 順位 No. ドライバー エンジン チーム タイム 周回 予選
 1  1 山西康司 ホンダ(無限MF204C) 童夢レーシングチーム 24'20.070 27  2
 2 36 片岡龍也 トヨタ(トヨタ・トムス3S-GE) TOM'S           2.868 27  1
 3 12 P.モンティン(イタリア)ニッサン(ニッサンSR20VE) Three Bond Racing        4.346 27  4
 4  4 R.クインタレッリ(イタリア) トヨタ(トヨタ・トムス3S-GE) INGING               5.735 27  5
 5  7 J.コートニー(オーストラリア) トヨタ(トヨタ・トムス3S-GE) TOM'S               6.950 27  3
 6  3 横溝直輝 トヨタ(トヨタ・トムス3S-GE) INGING         14.487 27  7
 7  2 佐藤晋也 ホンダ(無限MF204B) TODA RACING             15.691 27  8
 8  8 小早川済瑠 トヨタ(トヨタ・トムス3S-GE) TOM'S        17.980 27  6
 9 11 柴田裕紀 ホンダ(無限MF204B) 童夢レーシングチーム    18.439 27 10
10 32 番場 琢 トヨタ(トヨタ・トムス3S-GE)Now Motorsports 21.966 27 11


第14戦 リザルト 順位 No. ドライバー エンジン チーム タイム 周回 予選
 1 36 片岡龍也 トヨタ(トヨタ・トムス3S-GE) TOM'S       40'30.562 45  1
 2  4 R.クインタレッリ(イタリア) トヨタ(トヨタ・トムス3S-GE) INGING               4.158 45  2
 3  7 J.コートニー(オーストラリア) トヨタ(トヨタ・トムス3S-GE) TOM'S               5.222 45  3
 4 12 P.モンティン(イタリア) ニッサン(ニッサンSR20VE) Three Bond Racing       6.584 45  5
 5  1 山西康司 ホンダ(無限MF204C) 童夢レーシングチーム     7.464 45  4
 6  2 佐藤晋也 ホンダ(無限MF204B) TODA RACING             22.719 45  6
 7 11 柴田裕紀 ホンダ(無限MF204B) 童夢レーシングチーム    23.345 45  7
 8  3 横溝直輝 トヨタ(トヨタ・トムス3S-GE)INGING          25.060 45  8
 9 33 吉本大樹 トヨタ(トヨタ・トムス3S-GE)Now Motorsports 30.686 45 11
10 32 番場 琢 トヨタ(トヨタ・トムス3S-GE)Now Motorsports 32.766 45 10

ドライバーズポイント(第14戦までの有効得点:暫定)
順位 ドライバー名 エンジン ポイント
 1 J.コートニー      トヨタ・トムス 216
 2 片岡達也            トヨタ・トムス 159
 3 P.モンティン      ニッサン       158
 4 R.クインタレッリ  トヨタ・トムス 149
 6 横溝直輝            トヨタ・トムス  72
 9 柴田裕吉            トヨタ・トムス  36
10 小早川済瑠          トヨタ・トムス  32
11 吉本大樹            トヨタ・トムス  29
11 番場琢              トヨタ・トムス  29

マニュファクチャラーポイント(第14戦までの有効得点:暫定)
順位 メーカー(エンジン名) ポイント
 1 トヨタ(トヨタ・トムス3S-GE) 242
 2 ニッサン(ニッサンSR20VE)    158
 2 ホンダ(無限MF204B/C)        158

上記の詳細情報はhttp://www.toyota.co.jp/ms/をご覧下さい。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース