Archives

  • [—]2020 (195)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

全日本F3第9戦決勝 上位3人のコメント

060708_press_f3

塚越広大(優勝)
優勝するまでに(シーズンの)半分まできちゃったことでプレッシャーを感じてましたが、今回はいい流れで表彰台の一番上に立つことができたので嬉しいです。
スタートに関しても今回はうまくいきましたが、まだまだ詰められると思うので、明日の決勝でも気を取り直していきます。
トップに立ってからは、ミラーを見ないで毎周ファステストを更新するつもりでプッシュしていました。
クルマも仕上がってましたし、今回は全体として良かったですね。

伊沢拓也(2位)
塚越のスタートがあんまり良くないように見えたので、狙いにいったんですが、気負いすぎました。1コーナーでは強引にかぶせられた様な気がしたんですが(笑)、あのままいくとぶつかるので引きました。でもストレイトに抜かれたのは予想外でした。
このところウチのチームはいい状態が続いてるので、今回も勝ちを狙ってたんですが、塚越のとこほど良くはなかったので、どうしてもペースが上がりませんでした。

エイドリアン・スーティル(3位)
昨日のフリープラクティスでいいセッティングができてたので、今日は自信があったんですが、予選になるとうまくいきませんでした。それでセッティングの方向性を見直して色々試していたんですが、2つのセッションが終わる頃にようやく決まるような状態で、予選は失敗でしたね。
決勝では良いスタートが切れて2台をパスでき、オオシマやストレイトもオーバーテイクできましたが、前のホンダの2台がそれ以上に速かったので、そこから先はポジションキープに集中しました。

まとめ:Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Yoshinori OHNISHI



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース