Archives

  • [—]2020 (51)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

F3:第1戦富士決勝 上位3人のコメント

f3_r01__r_pc

井口卓人(全日本クラス優勝)
ありがとうございます。
チームの皆さんが練習走行からいいクルマを作ってくださったので、普通に走ってるだけで自然にいいタイムが出ていました。 ですのであとは自分がベストを尽くして走るだけでした。
決勝の前にチームの方が『今日は楽しんで来い』と言ってくださり、同時に『明日のことを考えて今日のレースを組み立てろ』 とも言われましたので、決勝では色々考えながら走りました。そういう意味では非常に収穫のあったレースでした。
今日は最高の形で終われたので、明日も最高の形でレースをフィニッシュしたいです。

カルロ・ヴァン・ダム(全日本クラス2位)
ボクにとっては退屈なレースでした。前は速くて近づくこともできないし、後ろは追い上げてこないしで、 ボクはただシンプルにクルマを走らせていただけでした。明日こそは接戦を期待しています。
それでも、初めての日本、初めての富士のレースだという点では、良いスタートを切れたと思います。

ケイ・コッツォリーノ(全日本クラス3位)
すごく嬉しいです。
ウチのチームはトムスよりも新車の到着が遅れたので、テストも充分に行えませんでした。それでもメカニックさんが頑張ってくれて、 なんとか富士の合同テストには間に合わせてくれたんです。
ただ、自分の走りに関しては、井口選手やカルロさんのロガーと比べてもできてない点や足りない点がまだあって、昨日も頭を抱えてたんですよ。 それでも今日はちょっと変なコンディションになり、トムスも思ったほど速くなかったんで、決勝ではボクのドライビングと根性が生かせました。 僕はカルロさんと違って面白かったですよ(笑)国本選手とずっとバトルできましたから。明日もまたトムスとバトルして、 無理やりでも前に出て行くしかないと思います。

山内英輝(ナショナルクラス優勝)
スタート直後の1コーナーで抜かれて、すぐ2コーナーで抜き返して、その後はずっとトップを守りきりました。
F3に上がっても今までやってきたことをやるだけだと思うんで、そんなに意識はしていません。 そのときやるべきことをちゃんとやっていけば上に上がっていけると自信をもっていますから。

ザヒール・アリ(ナショナルクラス2位)
良いシーズンのスタートになりました。スタートがうまくいって1コーナーでトップに立てたんですが、すぐに抜き返されてしまいました。
F3は初めてですが、今日のレースは良い経験になりました。

アレキサンドラ・インペラトーリ(ナショナルクラス3位)
今日の結果には満足しています。
今回はテストなしで臨んだレースでした。初めての富士のレースでもありますし、どんな順位であっても自分のためになると思って走りました。

まとめ: Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Yoshinori OHNISHI



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース