Archives

  • [—]2019 (407)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

F3第12戦鈴鹿決勝 ストレイト、全日本F3初優勝!

 全日本F3選手権第12戦は3日、鈴鹿サーキットで決勝を行い、予選3位からスタートを制しトップに立ったロベルト・ストレイト(INGING)がそのまま逃げ切り優勝した。2位には、ポールポジションのジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(DYNACITYトムスF305)が、3位には予選5位から上位のミスに乗じて、順位を上げてきた武藤英紀(Honda・M-TEC F107)が入った。

 午前中、一時は上がってた雨はFD決勝レース中から再び降り出し、午後のF3第12戦決勝が始まる頃には完全なウエットコンディションとなった。全車レインタイヤを履いてグリッドに整列。午後1時定刻、出走を取りやめた高崎保浩(Honda・戸田FIGHTEX)を除く13台によるフォーメーションラップが始まる。しかし、フォーメーションラップで、ジョニー・リード(INGING)と安岡秀従(INGING)のチームメイト同士がバックストレッチで絡みクラッシュ。安岡は自力でピットに戻ってきたが、リードのマシンを撤去するために赤旗が提示された。

 午後1時18分、さらに安岡とリードが出走できないため11台による2度目のフォーメーションラップが始まる。レースは17周から1周減算され16周での争いとなる。

0703_streit-s レッドシグナルが消えてスタート。ポールポジションのジョア・パオロ・デ・オリベイラ(DYNACITYトムスF305)と予選2位の池田大祐(TPDトムスF305)が牽制しあうなか、この2人をアウトから抜き去って1コーナーにトップで入ったのは予選3位のロベルト・ストレイト(INGING)。ストレイトは2位以下を徐々に離し、1周目に1.5秒あった差を5周目には4秒近くまで広げた。このまま、後続との差を3秒前後に保ち、後半雨が強くなってからもリードを守りきり、結局最後まで安定した走りで、全日本F3初優勝をものにした。

 オリベイラは、スタートで2位に落ちてしまい、ストレイトとの差を詰めようとするが5周目にはスプーンコーナーで飛び出すなど、ウオータースクリーンとラインを外すと水に乗って滑りやすい難しいコンディションのなかオーバーテイクもままならず、レースをたんたんと走り、2位でレースを終えた。

 武藤英紀(Honda・M-TEC F107)は、1周目を予選順位と同じ5位で帰ってくると、池田大祐(TPDトムスF305)が2周目にスプーンでミスしたため4位に上がった。中盤からはファステストラップを連発して近づいてくる中嶋の脅威にさらされるが、中嶋もまたスプーンコーナーでコースアウトして後退したため、4位のポジションをキープし、3位のパオロ・モンティン(ThreeBond)とのタイム差を詰め始める。一時6秒近くあった差を3秒半まで詰めると、14周目のヘアピンコーナーでモンティンがミスしてブレーキをロック。その横をすり抜け、3位に上がるとそのままゴールした。モンティンは4位、中嶋は5位に入った。

 池田は、3位でレースをスタートしたが2周目のスプーンでコースアウトして5位に落ちると、7周目に今度はデグナーコーナーでコースオフ、グラベルに飛び出しレースを終えた。

 チャンピオンシップで2位につける横溝直輝(ThreeBond)は、スタートミスして予選4位から6位に落ちると、さらに中嶋にも抜かれ彼の後ろ7位でレース序盤を走行。池田のリタイヤで6位に上がるのが精一杯でこのままの順位でレースを終えた。

 次回、第7大会(第13戦、第14戦)は、7月30日、31日に舞台を山口県のMINEサーキットに移して開催される。

Text: Yoshinori OHNISHI (FMOTOR) / Photo: FMOTOR



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース