Archives

  • [—]2019 (407)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

F3第2戦 SUZUKA 2&4RACE 決勝


軽々と連勝を果たしてしまった中嶋一貴(Photo:Motorsports@nifty)

昨日の第1戦に引き続きポールポジションの位置についた#8中嶋は、最高のスタート
で1周目から後続を引き離しにかかる。
対照的だったのは、昨日スタートで最後尾まで落ちた#10オリベイラ。やや慎重にな
りすぎてスタートでは出遅れ、さらに3位に上がった直後の2周目に逆バンクでコース
アウト。大きく遅れ、昨日に引き続き自滅してしまった。

トップ#8中嶋は、その後も#3横溝、#1アンティノッチ、#36番場による2位争いを尻
目に、ファステストラップをマークする快走を見せる。その勢いは衰えることなく
レース折り返しとなる9周目には、2位との差を5秒に広げる。

終盤になっても安定した走りを続ける#8中嶋は、17周のレースを完全にコントロー
ルし続け、最後はペースを落としてガッツポーズで2連勝のチェッカーを受けた。

童夢のエース#10オリベイラは、終盤1コーナーでアウトから仕掛けた際にコースア
ウト。散々なレースとなってしまった。

◆鈴鹿サーキット http://www.suzukacircuit.co.jp/
2004年3月28日 鈴鹿サーキット(三重県) 決勝 天候:晴れ/コース:ドライ
鈴鹿2&4レース -RIJ- (2004/03/28) Race Results Weather:Fine Course:Dry
All Japan F3 Championship Round 2 鈴鹿サーキット 5.807 km
PNoDriverCarEngineLapTime
18中嶋 一貴DALLARA F3043S-GE1733'23.882
21リチャード・アンティヌッチDALLARA F3043S-GE175.270
336番場 琢DALLARA F3043S-GE1710.746
412ファビオ・カルボーンDALLARA F303SR20VE1712.235
53横溝 直輝DALLARA F3033S-GE1717.102
64ロニー・クインタレッリDALLARA F3023S-GE1717.873
72武藤 英紀DALLARA F304MF204C1719.688
814柳田 真孝DALLARA F302SR20VE1720.373
919柴田 裕吉DALLARA F3023S-GE1735.079
107山本 左近DALLARA F3043S-GE1736.633
1132小早川 済瑠LOLA-DOME F106/033S-GE1743.297
1233池田 大祐LOLA-DOME F106/033S-GE1756.775
13*50磯崎 元彦DALLARA F3043S-GE161 Lap 
1410ファオ・パオロ・デ・オリベイラLOLA-DOME F106/03MF204C152 Laps
-------- < 以上規定周回完走> --------
  • Fastest Lap: #8 中嶋 一貴、#10 ファオ・パオロ・デ・オリベイラ 1'57.240
  • ペナルティ: No.50 2004年全日本フォーミュラ3選手権統一規則第28条11(ピットレーンの速度)違反により、競技結果に30秒加算した。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース