Archives

  • [—]2019 (68)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

スーパー耐久 第7戦 SUGO/SUBARU MOTORSPORT EXPRESS


スーパー耐久シリーズ2004 第7戦
「SUGOスーパー耐久レース」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■開催月日:2004年10月2-3日
■開催場所:スポーツランドSUGO
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇ 2台のインプレッサ、荒れたレースで
  総合トップを走るパフォーマンスを見せる!
  しかしタイトル奪回はならず

スーパー耐久シリーズ第7戦が、10月2~3日スポーツランドSUGOで開催され、2台の
インプレッサが総合トップを快走するパフォーマンスを見せ、吉田寿博/清水和夫
組の#2FUJITSUBO IMPREZAがクラス3位、また小泉和寛/菊地靖組の#86 hpi・racing
IMPREZAはクラス4位でゴールした。しかし残念ながらタイトルの奪回はならなかっ
た。

予選日の2日は朝から秋晴れながら、気温は午前中に30℃近くまで達した。
決勝のグリッドを決めるグリッド予選。15時40分から20分間の全クラスが走行でき
る混走枠で、2台のインプレッサはタイムアタックを行った。#86インプレッサの菊
地は1分31秒698でクラス2位/総合11位、#2インプレッサの吉田はクラス4位/総合17
位となった。クラスポールは#11ランサーで総合5位だった。

3日決勝日の朝は完全ウェットコンディションで、これは終日続くことになった。
13時32分、セーフティカー(SC)が先導したままレースはスタート、5周終了でSCが
離れると本格的なレースがスタートした。
ところがバックストレートで、クラス3位の#26ランサーがコースアウトしてリタイ
ア。これらの車両を排除するためにSCランとなった。

10周終了でリスタートとなると#86インプレッサの菊地が1コーナーやヘアピンで#11
ランサーに並びかけスタンドを沸かす。しかし逆転までには至らない。いっぽう#2
インプレッサの吉田は、雨にもたつくフェアレディZを次々にかわし13周目では総
合7位に浮上して、クラストップ争いに加わろうとしていった。#86インプレッサの
菊地は21周目に#1 1ランサーをついに捕らえて逆転、クラストップに躍り出た。

レースのキーとなったのは、折り返し点近い48周目に導入された3回目のSCラン。
ここで総合トップのポルシェや#11ランサーがピットインして、#86インプレッサが
総合トップ、さらに#2インプレッサも総合2位となった。
52周終了でリスタートが切られると、2台のインプレッサはタンデム走行で総合1-2
を走行し、スバルファンを歓喜させた。56周で#86インプレッサがピットイン。こ
れで#2インプレッサの吉田が総合トップに。
吉田は#11ランサーとの差を25秒から38秒まで広げたが、その後は逆に27秒差まで
縮められ71周でピットイン。ドライバーを交代してコースへ復帰したが、既に#11
ランサーは48秒前を走行していた。

後半、雨は多少弱くなりコース上の水の量も少なくなった。このためタイヤを交換
していないインプレッサは不利な状況になり、#86インプレッサは92周目に4位にド
ロップ。さらに#2インプレッサも終盤104周目で3位となり、そのままの順位でチェッ
カー。クラス優勝した#11ランサーが最終戦を待たずにチャンピオンを獲得するこ
とになった。

残念ながら王座奪回ならなかった#2インプレッサだが、シリーズ2位の#20ランサー
がエンジントラブルで8位に沈んだこともあり、これでシリーズランキング2位となっ
た。

■決勝結果:クラス2
Pos.  No.  Driver   Car Name   Laps
1 #11 中谷明彦/木下隆之  アドバンテージFromA MR  107
2 #6 冨桝朋広/関 豊  ファルケン☆ランサーMR  106
3 #2 吉田寿博/清水和夫  FUJITSUBO IMPREZA  106
4 #86 小泉和寛/菊地 靖  hpi・racing IMPREZA  106
5 #16 川口正敬/井田雅彦  ディクセルADVANランサー  103
6 #30 関根基司/川島 修  RSオガワADVANランサー  103
7 #12 竹島徹/脇田一樹/島田和樹  Qs'インテークMプロエボVIII  99
8 #20 小川日出生/福山英朗/砂子塾長  RSオガワADVANランサー  82

◆スバルモータースポーツの詳細は下記WEBサイトをご覧ください。
[スバルモータースポーツマガジン]


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース