Archives

  • [—]2020 (49)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

全日本GT選手権

JGTC 第6戦 もてぎ 決勝/NISMOモータースポーツニュースフラッシュ

全日本GT選手権シリーズ(JGTC) 第6戦 
「MOTEGI GT CHAMPION RACE」  決勝
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
■開催月日:2003年9月14日
■開催場所:ツインリンクもてぎ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■#22「モチュールピットワークGT-R」、目前の表彰台を逃す。
  #12カルソニックスカイラインが6位。
   #23ザナヴィ ニスモGT-Rは最終周にストップ。

真夏のように強い日差しの下、9月14日午後2時にローリングラップがスタート。
45,000名の観衆が見守る中、63周の決勝レースの火蓋が切られた。

フロントローからスタートした#22「モチュールピットワークGT-R」は、影山正
美が前半を担当。#36スープラを追って好スタートを切った。
3周目から後続の#16NSXがオーバーテイクに挑んでプッシュしてきたが、これに
影山は激しく抵抗。スリリングな攻防戦を繰り広げた。10周目に一瞬の隙をつい
た#16に先行を許したが、以後、影山は4位以下を寄せ付けず3位のポジション
を確かなものにした。しかし、終盤の57周目に突然スローダウン。コースサイド
にクルマを止めたライアンは、肩を落としてヘルメットを脱いだ。ライアンによる
と、「交代してすぐに振動があって何だろうと思っていたが、突然どこにもシフト
できなくなってストップしてしまった」とのこと。

チャンピオンシップをリードする#23「ザナヴィ ニスモGT-R」は、ミハエル・ク
ルムがレースをスタートした。ハンディウェイトの影響か、序盤からペースが上が
らない。7番グリッドからスタートしたものの27周目のピットインまでに14位
にポジションダウンしてしまう。交代した本山哲は、11位まで挽回。その後上位
車の脱落によって8位に浮上したが、なんと63周のファイナルラップにコースサ
イドにストップしてしまった。
本山は何度か、再始動を試みたが叶わず。そのままレース終了となった。62周を
完了していたため、11位での完走扱いとなった。
ポイント争いでライバルの#1スープラの脇坂寿一/飯田章組が4位で完走したため、
ランキングは逆転。4ポイント差をつけられてしまったが残る2戦での逆転チャン
ピオン獲得に望みをかける。

6位からレースをスタートした#12「カルソニックスカイライン」のブノワ・ト
レルイエも、#23と同様に序盤からペースが上がらずポジションアップできずに
8位でピットイン。11位でトラックに戻ると徐々にペースアップし、終盤には6
位に浮上。そのままチェッカーフラッグを受けた。

■柿元監督のコメント
「#22は駆動系、#23は燃料系のトラブルです。今年は開幕戦から順調に来まし
  たが、ここで悪い面が全部出たのでしょう。今回は私たちにとってキーとなるレー
  スだと思っていましたが、逆に試練となってしまいました。原因をきっちり解析
  して残る2戦の戦い方に反映します。
チャンピオンシップについては、まだまだこれからです。引き続き応援をお願いし
ます。」

RACE RESULTS
Pos  Car Name  No.  Driver Name   Time
1 G'ZOX-NSX 16 伊藤大輔/T.コロネル 1:58'35.192
2 WOODONE トムススープラ 36 土屋武士/E.コマス -5.621
3 ADVAN スープラ 38 荒 聖治/J.デュフォア -36.188
4 エッソウルトラフロー スープラ 1 脇阪寿一/飯田 章 -36.583
5 RAYBRIG NSX 100 加藤寛規/光貞秀俊 -37.042
6 カルソニックスカイライン 12 B.トレルイエ/井出有治 -41.561
7 デンソーサードスープラGT 39 D・シュワガー/織戸 学 -1'02.188
8 ARTA NSX 8 土屋圭市/金石年弘 -1'18.464
9 auセルモスープラ 38 竹内浩典/立川祐路 -1'37.770
10 ZENT トムススープラ 37 黒澤琢弥/M.アピチェラ -1'42.099
11 ザナヴィ ニスモ GT-R 23 本山 哲/M.クルム -1Lap
26 モチュールピットワーク GT-R 22 影山正美/R・ライアン -7Laps

◆ニスモモータースポーツの詳細は「NISMO official web site」をご覧下さい。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース