Archives

  • [—]2020 (143)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

F3第9戦 もてぎスーパー耐久500 決勝


優勝した小暮とザンガリレ、モンティン (Photo: K.Takeshita)

 6月8日、栃木県ツインリンクもてぎで全日本F3選手権の第9戦が開催された。同日午前中に行われた予選では、#1小暮卓史がポールポジション。2番手は#7パオロ・モンティン、3番手には#11星野一樹、4番手は#3マチュー・サンガレリ、5番手には#64佐藤晋也というオーダーとなっていた。

 気温が30度を超えた14時近くのスタートでは、3番手の#11星野が大きく出遅れ、#1小暮と#7モンティンが先行する形になる。オープニングラップは、トップ#1小暮に続いて0.9秒差で#7モンティンがつけ、3位は#3ザンガレリ。2周目はトップ2台の差は1秒。7周目、バックストレートエンドで5位の#64佐藤がコースアウトしレースを終える。8周目には#7モンティンが2コーナーでスピン。幸いコースに復帰できたが、#3ザンガレリの先行を許してしまい3位に。トップ#1小暮と#3ザンガレリの差は11秒。楽になった#1小暮は余裕の展開で14周のレースの後半を終えた。

ウイナー、小暮選手のコメント
 「スタートは無難に決まりました。序盤はモンティンが速くて逃げるのが精一杯でしたが、途中で居なくなったのでどうしたのかと思っていました。マージンがあったので後半は落ち着いてレースができました。序盤はきつかったですね。明日はスタートから3コーナーまでの勝負だと思っています」

2002年6月8日 ツインリンクもてぎ(栃木県) 決勝 天候:晴れ/コース:ドライ
PNo.DriverCar/EngineLapTime
11小暮 卓史Dallara F302/MF204B1426'00.800
23マチュー・ザンガレリDallara F302/3S-GE1418.255
37パオロ・モンティンDallara F302/3S-GE1418.602
437平中 克幸Dallara F302/3S-GE1421.384
512富澤 勝Dallara F302/SR20VE1423.447
62長屋 宏和Dallara F302/MF204B1424.606
736片岡 龍也Dallara F302/3S-GE1425.148
833吉本 大樹Dallara F302/3S-GE1428.486
98横溝 直輝Dallara F302/3S-GE1429.451
105西村 秀樹Dallara F302/3S-GE1437.309
1118中村 裕史Dallara F302/3S-GE1443.114
< 以上規定周回数(12周)完走 >
11星野 一樹Dallara F302/MF204B95Laps
64佐藤 晋也Dallara F302/MF204B68Laps

Fastest Lap: #1 小暮卓史 1'50.716 (6/14) 156.12km/h



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース