Archives

  • [—]2020 (45)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

スーパー耐久第6戦SUGO予選 ARTA DENAG GT3がポールポジション

 9月30日、宮城県スポーツランドSUGOでスーパー耐久第6戦の公式予選が行われた。

0930_arta.jpg  曇りから晴れ間ものぞく午前11時50分から30分で行われたドライバーズ予選では#1 ARTA DENAG GT3(田中哲也/新田守男組)が1分26秒585のトップタイムをマーク。気温23度、路面温度35度のコンディションだった。

 午後3時から行われたグリッドを決定するグリッド予選でも#1が1分26秒283のベストタイムをマークしポールポジションを獲得した。このセッションは気温は23度、路面温度30度ほどのコンディションだった。

ポールシッターのコメント
#1田中哲也

0930_pp.jpg  「3コーナーのアウト側に砂利があって滑ったんでコンディションは決して良いとはいえませんでした。クルマのセットも前半のインフィールドはフロントがきてなかったけれど、最終は速かったからベストセットにはわずかに及ばなかったですね。タイムとしては午前よりも上がったので(笑)レースはドライの方がいいですね、雨だと時間かかるし(笑)シーズン終わって全戦優勝できたら結果が大事ですし、これまでその記録はないので是非達成したいですね」

Text & Photo: Keiichiro TAKESHITA



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース