Archives

  • [—]2019 (296)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第4戦セパン インプレッサ、入賞を目指す (SUBARU)

◇クスコDUNLOPスバルインプレッサ、 灼熱のマレーシアで入賞を目指す

 07年SUPER GTシリーズの第4戦は、今年でシリーズ戦として5回目の開催となるマレーシアのセパンにて行われる。SUPER GT唯一のシンメトリカルAWD車である「クスコDUNLOPスバルインプレッサ」は高温多湿のコンディションで完走、そして入賞を目指す。

 山野哲也/青木孝行というコンビ、エンジニアやメカニックを強化し、新体制で臨む今シーズン。ここまでインプレッサは、マシントラブルもあり、3戦ともチェッカーフラッグを受けていない(第1、2戦は完走扱い)ため、セパンではトラブルフリーでの完走を目指す。車両は、昨年モデルをモディファイしての参戦だが、高温が予想されるセパンサーキット用にクーリングを強化する。STIが技術支援するパワーユニットはWRC用エンジンをベースに中低速トルクを向上させ、性能をアップさせている。

 今回のGT300クラスのエントリー台数は23台。AWDインプレッサにとってセパンは得意なコースではないが、南国特有のスコールに見舞われれば、独自のシンメトリカルAWDシステムを武器に上位フィニッシュを狙う。

 なお、レースウィークのタイムスケジュールは以下のとおり。

6月22日(金)11:30~13:00 練習走行
16:15~18:00 練習走行
6月23日(土) 11:00~ 12:00公式予選1回目
13:00~13:45ピットウォーク
16:00~16:30公式予選2回目
16:35~ スーパーラップ
6月24日(日)11:00~11:45フリー走行
12:45~13:30 ピットウォーク
16:00~決勝レース(54周)
■山野哲也

 「インプレッサにとってセパンというサーキットは、シリーズの中で一番厳しいコースだと思います。ただ僕自身とセパンの相性はとても良く、これまで出場したレースではすべて表彰台を獲得しているので、頑張って走りたいと思います。セパンの暑さも大丈夫だし、対策も考えているようです。アジアはSUBARUのファンも多いので、喜んでくれるようなレースをしたいです」

◆スバルモータースポーツの詳細は下記WEBサイトをご覧ください。
[スバルモータースポーツマガジン]

Text: スバルテクニカインターナショナル株式会社



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース