Archives

  • [—]2019 (68)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

スーパー耐久第4戦十勝24時間 事前情報 SUBARU MOTORSPORT EXPRESS


スーパー耐久シリーズ2005 第4戦
「第12回 十勝24時間レース」 事前情報
■開催月日:2005年7月16-18日
■開催場所:十勝インターナショナルスピードウェイ

◇インプレッサ、昨年に続き1-2フィニッシュを狙う

0716_impressa-s スーパー耐久シリーズの第4戦は、日本最長の24時間耐久レースと して北海道の十勝インターナショナルスピードウェイで開催される。今回インプレッサが区分されるST2クラス(4WD、2001~3500cc)には7台がエントリー(全クラス32台)。うち2台がプローバレーシングディビジョンがエントリーしたインプレッサとなる。#2 FUJITSUBO hpi IMPREZAには吉田寿博、小泉和寛のレギュラーに、昨年同様、松田晃司、渋谷勉という昨年のクラス優勝クルーを追加。また、#63 WING PERMAGARD IMPREZAには樋口統也、清水和夫、池田昌弘のレギュラーにダンロップタイヤのエースドライバーである服部尚貴が合流し、強力なドライバーラインナップとなった。

 これまでの3戦、#2インプレッサは3戦連続2位表彰台でシリーズランキング2位、そして#63インプレッサは3位、4位、7位でシリーズランキング4位と、まずまずの位置につけている。今シーズンは、まだ優勝がないだけに、後半での逆転を狙うためにもこのレースは是が非でも優勝を果たしたいところ。昨年のイベントではインプレッサがクラス1-2フィニッシュを果たしているだけに、今年も期待は大きい。

 十勝スピードウェイは、ほぼ高低差がなくフラットで1本の長いストレート、さらには短いストレートを直角ターンで結んだようなレイアウトになっている。今年も例年どおりショートコースである約3.4kmのクラブマンコースを使用。全体的に右ターンが多いため、左側のタイヤに負担がかかることになるだろう。低重心・水平対向エンジン+シン メトリカルAWDを採用するインプレッサは、回頭性能に優れた特性を生かし、このイベントで2年連続の1-2フィニッシュを目指す。

 なお6月にインプレッサがビッグマイナーチェンジを受けたことにより今回から新しいフロントマスクとなる。開口部の広くなったフロントグリルは冷却性能に優れ、さらにニュルブルクリンクに実戦投入して性能確認を行ったルーフベーン、リヤディフューザーなどの装着で空力も改善し高速時の安定性も向上する。

 今年も公式予選は行われず第3戦までのポイントによりグリッドが決定される。16日(土)はスポーツ走行、夜間フリー走行などが行われ決勝レースは7月17日(日)の15時にスタート。ゴールは18日(祝)の15時となる。

◆スバルモータースポーツの詳細は下記WEBサイトをご覧ください。
[スバルモータースポーツマガジン]

Photo: Keiichiro TAKESHITA



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース