Archives

  • [—]2023 (3)
  • [+]2022 (810)
  • [+]2021 (678)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

スーパー耐久第3戦第13回十勝24時間レース始まる

 スーパー耐久レースシリーズの第3戦にあたる一大イベント、第13回十勝24時間レースが明日16日、いよいよスタートを迎える。そこで、公式スケジュールの始まった本日、サーキットに登場した注目のマシン・ドライバー達を紹介しよう。

060715_lexus_crew 060715_lexus

 一般紙の経済面でも紹介されていたのでご存知の方も多いと思うが、いよいよ本格的なレースシーンにハイブリッドカーが参戦してきた。ST1クラスの特認車両の扱いで「デンソー・レクサスGS450h」が今回の十勝24時間レースに登場した。ドライバーは地元北海道出身の平中克幸、アンドレ・クート、嵯峨宏紀の3人体制。4月初旬にクルマが納車されたが実際の開発は5月初旬に入ってからだったと言う。まず目標は完走。

アンドレ・クート「トヨタ、レクサスに感謝しています。モータースポーツにハイブリッドカーで参戦することは革新的だと思います」

平中克幸「このようなチャンスを嬉しく思います。自分に与えられた仕事をキッチリこなしたいです。しっかり走って笑顔でチェッカーを受けたいです」

嵯峨宏紀「このようなプロジェクトの一役を担えて感謝しています。明日、明後日のレースは全力を尽くして頑張りたいです」

 トヨタは、ハイブリッドシステムの更なる高効率化や小型軽量化、高効率化等を目指しての開発の一環とし、併せてモータースポーツにおける可能性についても調査を行うとのことだが、24時間レースでのそのポテンシャルを見てみたいものである。

060715_zzzz 060715_z_crew 060715_z

 今回も4台のフェアレディZが十勝にやってきた。スーパー耐久クラス1に1台、同クラス2に2台といつもの面々に加え、今回は24時間レースに限り特別に参加が認められたGTクラスに1台が参戦した。そのGTクラスのドライバーは、本山哲、星野一樹、松田次生、服部尚貴と日本を代表するトップドライバーの4名。彼らの走りにも注目したい。

 第13回十勝24時間レースは明日16日午後3時にスタートし翌17日午後3時にゴールを迎える。上記注目マシンに加え、初登場のクラス2に参戦するランサーワゴンなど見所は多い。もちろん開幕から連勝を続けるクラス1のARTA DENAG GT3など常連たちの争いも白熱するだろう。果たして24時間後最初にゴールラインを横切るマシン、チームはどこになるのであろうか。

Text: Keiichiro TAKESHITA & Yoshinori OHNISHI / Photo: Keiichiro TAKESHITA



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース