Archives

  • [—]2019 (168)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

S耐:第2戦鈴鹿決勝 レースは半分を経過、エンドレスアドバンZがトップを独走中

 レースはほぼ半分を経過。ここまででほぼ全てのマシンが1回目のルーティンピットを行っている。

 クラス1は依然としてエンドレスアドバンがトップ。一時、PETRONAS SYNTIUM BMW Z4M COUPEに背後まで迫られたが、同車がピットインで上げたジャッキが戻らないというトラブルで後退したため、現在は2位以下を1分以上離しての独走状態となっている。CAR-CHANNELアドバンZ33もパワーステアリングのトラブルのようでピットに留まったままのため、2位には黒豆リボイスGT3が上がってきた。3位にはeuroMEVIUS ADVAN PORSCHEが走行中。

 クラス2は、トップに立ったオーリンズランサーEVO MR、2位のゼルスランサーEVOワゴンのペースが上がらず、エクセディシーケンシャルエンドレスCSもターボトラブルに見舞われたため、RSオガワADVANランサーがトップに立った。2位にはオーリンズランサー、3位にDIXCEL新菱オートEVⅨが上がってきた。

 クラス3は、ピットイン時に給油のみ行ったカルラレーシング☆ings北海Zがトップに立った。アメニティホーム・エクセディRX-7はトラブルでピットイン。2位にはアラビアンオアシスZ、3位はH.I.S.-Z。

 クラス4は、依然として、PSY.A-ONE.ED.DC5がトップを走行。2位にAVANZZA BOMEX ADVAN DC5が、3位にAUTOBACS ADVAN WORLD ONEインテグラが着けている。

 ここまで、予想以上に気温が高いためか多くの有力チームがトラブルに見舞われている。レースは残り半分。はたして、各クラストップでチェッカーを受けるのはどのマシンになるのだろうか。

Text: Yoshinori OHNISHI



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース