Archives

  • [—]2020 (255)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

JAPAN LE MANS CHALLENGE

JLMC:第2戦富士決勝は800kmを消化 トップはダンロップザイテック

JLMC第2戦、富士1000kmは800kmを消化、いよいよ残りは200kmとなった。

総合トップは#22ダンロップザイテック05S(野田英樹/山崎信介組)。 2位以下に12周以上の差をつけて1分36秒台で悠々とトップを快走している。

このままいくと、計算上は6時間ぎりぎりのゴールとなりそうだ。

2位はLMP2トップの#18エイムスポーツGC-21、3位にはLMGT2トップの#27KRH F430GTがつけており、 LMGT1のトップは総合7位の#21ダンロップフェラーリ。21号車はピットストップの際、 ピットアウト時にライトを点灯しなかったとして、ストップ・アンド・ゴーペナルティが課せられている。

なお、懸命の修復作業を行っていた#16無限クラージュLC70は、正式にリタイヤ届けが出された。

ここまでの順位は
#22-#18-#27-#15-#20-#910-#21-#7-#16-#4
となっている

Text:Kazuhisa SUEHIRO



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース