Archives

  • [—]2022 (611)
  • [+]2021 (678)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

第6戦フリー走行2回目 急速に乾く路面状況のなか、小林可夢偉がトップタイム

 2022年全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦のフリー走行2回目が、7月17日、静岡県の富士スピードウェイでで行われ、昨日の予選でクラッシュを喫してしまった小林可夢偉(Kids com KCMG Cayman SF19)がトップタイムをマークした。

 夜半の雨で走行開始直後は路面がかなり濡れていたが、各車が走行を重ねるに従って、急速に乾いていった。

 終盤までトップタイムを守り続けたのは、復調の兆しが見えつつある山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING SF19)。チームメイトの大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING SF19)も徐々にタイムを上げ好調そうだ。最終的に山本3位、大湯4位で走行を終えた。

 前半の濡れている間はセーブして、後半に一気に順位を上げたのが、野尻智紀(TEAM MUGEN MOTUL SF19)。王者の余裕すら感じさせ5位につけた。ここ数戦はポールポジションスタートからの逃げ切り優勝を果たせていないだけに、今回は予選3位からどんなレースを見せるのか注目だ。

 これらの上位陣をかわして、最後の最後にトップを取ったのが可夢偉だった。坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING SF19)もこれに続き、この2人が1、2位。

 6位は松下信治(BYOUBUGAURA B-MAX SF19)。仕上がりは悪くなさそうだ。予選9位だがスタートを得意にしているだけに、面白い存在になりそうだ。

 スタートは午後2時30分、41周で争われる。

Text:Shigeru KITAMICHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース