Archives

  • [—]2022 (611)
  • [+]2021 (678)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

第6戦フリー走行1回目 豪雨のため中断 野尻がトップタイム

 2022年全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦のフリー走行1回目が、7月16日、静岡県の富士スピードウェイでで行われたが、途中豪雨うともいえる状態になり走行は中断。そのまま終了となった。トップタイムは野尻智紀(TEAM MUGEN MOTUL SF19)が奪った。

 今回の富士戦からシリーズは後半に突入。富士は開幕大会の2レースに続いて3レース目。後半に弾みをつけるためにも重要なレースだ。

 フリー走行が始まる10時15分には雨脚はさほど強くなかったが、徐々に降りが強くなり、開始30分過ぎには豪雨ともいえる状態になった。走行時間が限られているだけに、各チーム走行を続けたいところだが、天候ばかりはどうしようもない。

 ドライバーはピットで待機を続けたが、その後も雨が弱まることはなく、フリー走行はそのまま終了となった。

 セッションタイムは、中断前にマークされた野尻の1分34秒435、以下、阪口晴南(.MU/CERUMO・INGING SF19)1分34秒519、笹原右京(TEAM MUGEN BINGO SF19)1分34秒575と続いた。

 このフリー走行結果で語ることは難しいが、今回もチーム無限の仕上がりが良いことは間違いなさそうだ。

Text:Shigeru KITAMICHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース