Archives

  • [—]2022 (346)
  • [+]2021 (678)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA LIGHTS

富士合同テスト2日目セッション3 最後の最後で太田格之進が逆転、トップを奪う

スーパーフォーミュラ・ライツ富士合同テスト

セッション3(3月24日14時20分~16時30分)

 午前中より若干暖かくなった富士スピードウェイ。SFL合同テスト最後のセッションが始まった。各チーム、ニュータイヤを残しており、このセッション終盤のアタックが楽しみだ。

 開始10分で早くも上位陣は1分33秒台に入っている。小高33秒802、菅波33秒821、野中33秒905、平木(玲)33秒933、平良34秒027、佐々木34秒032と続く。

 30分経過。ここまでの順位は、木村33秒681-小高33秒802-菅波33秒811-野中33秒905-平木(玲)33秒906-佐々木33秒913-平良-古谷-川合-太田-平木(湧)。

 36分経過。佐々木が1分33秒585でトップタイム更新。

 45分経過したあたりから、上位陣は続々とタイムアップ。菅波33秒410、野中33秒277とトップタイムを塗り替える

 50分経過。4号車は佐々木から今田にドライバー交代。

 60分経過。ここまでの順位は、野中33秒277-木村33秒311-菅波33秒410-古谷33秒471-佐々木33秒506-小高33秒521-平木(玲)33秒590-平良33秒689-太田-川合-平木(湧)-今田-植田。

 30号車・DRAGON(TEAM DRAGON B-MAX 320)はトラブルのため、このセッションは走行していない。

 67分経過。菅波が1分33秒150でトップタイム更新。

 84分経過。小高が1分33秒224で2位に浮上。

 90分経過。ここまでの順位は、菅波33秒150-小高33秒224-野中33秒277-木村33秒294-平木(玲)33秒416-古谷33秒471-佐々木33秒506-太田33秒598-平良33秒678-平木(湧)33秒860-川合34秒255-今田35秒466-植田35秒843。なんと1分33秒台に10台がひしめいている。

 残り30分を切って、ほぼ全車がピットイン。各チーム、動きが慌ただしくなってきた。

 残り24分。平木(玲)が1分33秒282と自己タイムを更新して4位に。

 残り14分。太田が1分33秒262で3位に。

 残り10分。再度ほぼ全車がピットイン。最後のアタックに向けニュータイヤを投入して続々とピットアウト。ゆっくりとタイヤを温めながらアタックに備える。

 残り5分を切ってからアタックが始まる。

 木村1分33秒154で2位に上がると、即座に平木(玲)が33秒切りの32秒972をマークしてトップに。小高は33秒073と届かず。これで決まりかと思ったところで、太田が32秒950を叩き出して逆転。最後に木村も連続アタックを試みたが33秒038と届かず。

 太田が最後の最後にトップを奪って、テストを締めくくった。

Text: Shigeru KITAMICHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース