Archives

  • [—]2021 (484)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

TCR JAPAN SUNDAY

TCRJ-SUN:第3戦SUGOレース1決勝 松本武士が優勝、2位にHIROBON、3位篠原拓朗が入る

 TCRジャパンサンデーシリーズ第3戦レース1は24日、スポーツランドSUGOチャンピオンカップレースシリーズ第4戦で決勝を行い、ポールポジションからスタートした松本武士(バースレーシングプロジェクト【BRP】)が16周を走って優勝した。

 このレースは荒天のため前戦オートポリスで中止された第2戦サンデーシリーズの代替戦として開催された。

 決勝レースは午後4時28分、日も傾き幾分涼しくなった中、フォーメーションラップが始まった。

 スタートではまたもや予選2位の篠原拓朗(Audi Team Hitotsuyama)がストール。トップにはポールポジションの松本武士(バースレーシングプロジェクト【BRP】)が立ち、2位には予選4位から好スタートのヒロボンが上がり、3位には予選5位から加藤正将(Audi Team Mars)が、4位には予選3位の三浦愛(DOME RACING)が付けた。

 トップ松本は、序盤から2位のヒロボンを突き放しにかかる。その後方では午前のサタデーシリーズと同じように、加藤と三浦がテールトゥノーズの争いを演じる。

 3周目にはストールして後方に沈んでいた篠原が5位に浮上。4周目には加藤と三浦の争いに追いつき、3台はワンパックとなった。

 5周目の最終コーナーで三浦に張り付いた篠原が6周目の1コーナーで三浦をパスして4位に浮上、今度は3位を走る加藤に狙いを定める。

 加藤は背後の篠原を数周に渡り押さえる健闘を見せていたが、ついに11周目のヘアピンで失速。立ち上がりで篠原の先行を許した。これで篠原は3位、加藤は4位に落ちた。

 篠原は今度は2位のヒロボンとの差を徐々に縮め始めるが、背後に付けたところで規定の23分が経過し、チェッカー。

 優勝は独走で松本、ヒロボンは2位に、3位には篠原が入った。

 4位には加藤が、5位には三浦が、6位にはMototino(55MOTO RACING)が入った。

 サンデーシリーズレース2は明日25日、午後2時20分より23分+1周で行われる。

レース1: 決勝がスタートした レース1: 篠原拓朗、加藤正将、三浦愛の争い レース1: 優勝は松本武士(バースレーシングプロジェクト【BRP】) レース1: 決勝2位はヒロボン(バースレーシングプロジェクト【BRP】) レース1: 決勝3位は篠原拓朗(Audi Team Hitotsuyama) レース1: 決勝4位は加藤正将(Audi Team Mars) レース1: 決勝5位は三浦愛(DOME RACING) レース1: 決勝6位はMototino(55MOTO RACING) レース1: 優勝した松本武士(バースレーシングプロジェクト【BRP】) レース1: 表彰式

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Kazuhiro NOINE


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース