Archives

  • [—]2022 (1)
  • [+]2021 (678)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

TCR JAPAN SATURDAY | TCR JAPAN SUNDAY

TCRJ:第1戦富士 サタデーはヒロボンが、サンデーは藤井優紀がポールポジションを獲得

 TCRジャパンサタデーシリーズ/サンデーシリーズ第1戦は3日、富士スピードウェイで公式予選を行い、サタデーシリーズはヒロボン(バースレーシングプロジェクト【BRP】)が、サンデーシリーズは藤井優紀(Audi Team Hitotsuyama)がポールポジションを獲得した。

レジェンドドライバー中谷明彦がTCR-Jでレースに復帰

 今シーズンからプラチナ~ブロンズなどのFIAのクラス分けは行われず、単一のチャンピオンシップとして争われる。開幕戦のエントリーは10人で、F3000などで活躍したレジェンドドライバーの中谷明彦も名を連ねた。

 サタデーシリーズは午前7時45分から、サンデーシリーズは8時10分からそれぞれ15分間で公式予選が行われた。富士スピードウェイは早朝より雲は多いもののおだやかな春らしい陽気となった。

ポールポジションはヒロボン(バースレーシングプロジェクト【BRP】) 予選2位は藤井優紀(Audi Team Hitotsuyama) 予選3位は井上恵一(NILZZ Racing)

 サタデーシリーズの公式予選はヒロボン(バースレーシングプロジェクト【BRP】)と藤井優紀(Audi Team Hitotsuyama)の争いとなった。藤井が1分48秒101でトップに立つと、ヒロボンが47秒855で逆転。藤井が47秒650でトップを奪い返すとヒロボンが47秒588で再逆転した。

 ポールポジションはヒロボン、2位は僅差で藤井、3位に井上恵一(NILZZ Racing)が入った。

ポールポジションは藤井優紀(Audi Team Hitotsuyama) 予選2位はヒロボン(バースレーシングプロジェクト【BRP】) 予選3位は加藤正将(Audi Team Mars)

 サンデーシリーズの公式予選は早々に1分46秒681を出した藤井がポールポジション。2位には1秒近く離されてヒロボンが入り、3位に加藤正将(Audi Team Mars)が続いた。

 注目の中谷明彦(DOME RACING)はサタデーシリーズ8位、サンデーシリーズ6位で予選を終えた。

 サタデーシリーズの決勝は本日3日午後1時10分より、サンデーシリーズの決勝は明日4日午後12時40分より、それぞれ20分+1周で行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース