Archives

  • [—]2021 (172)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

S耐:第1戦もてぎ公式予選 ST-Xクラスの永井宏明/上村優太/中山雄一組が総合のポールポジションを獲得

 スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook第1戦もてぎスーパー耐久5Hours Raceは20日、栃木県のツインリンクもてぎで公式予選を行い、ST-Xクラスの永井宏明/上村優太/中山雄一組(PC Okazaki 911 GT3R)が総合のポールポジションを獲得した。

総合&ST-Xクラスポールポジションは永井宏明/上村優太/中山雄一組(PC Okazaki 911 GT3R) ST-Zクラスポールポジションは星野辰也/織戸学/篠原拓朗組(D\'station Vantage GT4) ST-TCRクラスポールポジションは芳賀邦⾏/蘇武喜和/霜野誠友/谷岡力組(おとぎの国CIVIC TCR) ST-Qクラスポールポジションは蒲生尚弥/豊田大輔/山下健太/小倉康宏組(ORC ROOKIE Racing GR SUPRA) ST-1クラスポールポジションは飯田太陽/高橋一穂/加藤寛規組(シンティアムアップルKTM) ST-2クラスポールポジションは井口卓人/佐々木雅弘/MORIZO/松井孝允組(ORC ROOKIE Racing GR YARIS) ST-3クラスポールポジションは服部尚貴/吉田広樹/平沼貴之組(埼玉トヨペットGBクラウンRS) ST-4クラスポールポジションは坪井翔/細川慎弥/堀尾風允組(GR Garage水戸インターGR86) ST-5クラスポールポジションは橋本陸/貫戸幸星/大崎達也/小原康二組(odula Start5 Roadster)

 公式予選は午後1時30分より。天候は下り気味で上空は厚い雲で覆われているが雨の心配はなさそうだ。グループ2(ST-3、ST-4、ST-5クラス)、グループ1(ST-Z、ST-TCR、ST-Q、ST-2クラス)、グループX(ST-X、ST-1クラス)の順で、Aグループ、Bグループの予選が50分間(各グループ20分、15分、15分/10分)で行われ、A、Bグループ合算でグリッドが決定する。

 6チームが参加したST-Xクラスは、Aドライバーの永井宏明が2位以下を大きく離し、Bドライバーの上村優太もトップに付けた永井宏明/上村優太/中山雄一組(PC Okazaki 911 GT3R)が文句なしでポールポジションを決めた。2位には星野敏/藤井誠暢/近藤翼組(D'station Vantage GT3)が、3位には植松忠雄/澤圭太/川端伸太朗/井出有冶組(Floral UEMATSU FG 720S GT3)が入った。

 14チームが参加したST-ZクラスはAドライバーの星野辰也が2位、Bドライバーの織戸学が2位以下を大きく離した星野辰也/織戸学/篠原拓朗組(D'station Vantage GT4)がポールポジション。2位には鈴木宏和/久保凜太郎/塩津佑介/佐藤公哉組(FABULOUS GRMI GR SUPRA GT4)が、3位には内田優大/山内英輝/菅波冬悟/小河諒組(ENDLESS AMG GT4)が入った。

 1チームのみ参加のST-TCRとST-Qクラスは芳賀邦⾏/蘇武喜和/霜野誠友/谷岡力組(おとぎの国CIVIC TCR)と蒲生尚弥/豊田大輔/山下健太/小倉康宏組(ORC ROOKIE Racing GR SUPRA)がそれぞれポールポジションを獲得した。

 3チームが参加したST-1クラスはAドライバーの飯田太陽がトップ、Bドライバーの高橋一穂が2位に付けた飯田太陽/高橋一穂/加藤寛規組(シンティアムアップルKTM)がポールポジション。2位には堤優威/阪口良平/堀田誠組(muta Racing GR SUPRA)が、3位には大山正芳/齋藤真紀雄/山本賢組(CSダイワN通商アキランドポルシェ)が入った。

 6チームが参加したST-2クラスはAドライバーの井口卓人、Bドライバーの佐々木雅弘ともトップに付けた井口卓人/佐々木雅弘/MORIZO/松井孝允組(ORC ROOKIE Racing GR YARIS)がポールポジションを獲得。2位には冨林勇佑/菊地靖/大橋正澄組(新菱オート☆NEO GLOBE☆DXL☆EVO10)が、3位には野中誠太/平良響/翁長実希組(KTMS GR YARIS)が入った。

 6チームが参加したST-3クラスはAドライバーの服部尚貴が僅差の2位、Bドライバーの吉田広樹がトップに付けた服部尚貴/吉田広樹/平沼貴之組(埼玉トヨペットGBクラウンRS)がポールポジションを獲得。2位には冨林勇佑/大島和也組(エアーバスターWinmax RC350 TWS)が、3位には平木湧也/平木玲次/高橋知己組(HELM MOTORSPORTS RC350)が入った。

 3チームが参加したST-4クラスはAドライバーの坪井翔がトップ、Bドライバーの細川慎弥が2位に入った坪井翔/細川慎弥/堀尾風允組(GR Garage水戸インターGR86)がポールポジション。2位には国本雄資/石川京侍組(林テレンプSHADE RACING 86)が、3位には浅野武夫/藤原大輝/普勝崚/藤原正俊組(Weds Sport 86)が入った。

 11チームが参加したST-5クラスはAドライバーの橋本陸がトップ、Bドライバーの貫戸幸星が2位に入った橋本陸/貫戸幸星/大崎達也/小原康二組(odula Start5 Roadster)がポールポジション。2位も武地孝幸/太田達也/大野尊久/猪股京介組(odula TONE MOTULロードスター)が入り、OVER DRIVEチームが1-2。3位には金井亮忠/岡原達也/松尾康博/古田岬組(Ti Racing☆NATS☆ロードスター)が入った。

 決勝レースは明日21日、午前11時45分より5時間レースとして開催される。予報は大雨、波乱含みの耐久レースとなりそうだ。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Keiichiro TAKESHITA
Kazuya MINAKOSHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース