Archives

  • [—]2021 (634)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

SF:第1回公式合同テスト鈴鹿 総合で平川亮がトップタイム

 全日本スーパーフォーミュラ選手権(SF)は11日・12日の両日、鈴鹿サーキットで第1回の公式合同テストを4セッション行い、平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19)が総合でトップタイムを記録した。

第1回公式合同テスト鈴鹿: 笹原右京(DANDELION RACING) 第1回公式合同テスト鈴鹿: 平川亮(TEAM IMPUL) 第1回公式合同テスト鈴鹿: 笹原右京(DANDELION RACING) 第1回公式合同テスト鈴鹿: 中山雄一(KONDO RACING) 第1回公式合同テスト鈴鹿: 大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh) 第1回公式合同テスト鈴鹿: 笹原右京(DANDELION RACING) 第1回公式合同テスト鈴鹿: 平川亮(TEAM IMPUL) 第1回公式合同テスト鈴鹿: 東日本大震災の黙祷 第1回公式合同テスト鈴鹿: 野尻智紀(MUGEN) 第1回公式合同テスト鈴鹿: 大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh) 第1回公式合同テスト鈴鹿: 山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING) 第1回公式合同テスト鈴鹿: 平川亮(TEAM IMPUL) 第1回公式合同テスト鈴鹿: 大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh) 第1回公式合同テスト鈴鹿: 笹原右京(DANDELION RACING) 第1回公式合同テスト鈴鹿: 笹原右京(DANDELION RACING) 第1回公式合同テスト鈴鹿: 関口雄飛(TEAM IMPUL) 第1回公式合同テスト鈴鹿: 野尻智紀(MUGEN) 第1回公式合同テスト鈴鹿: ジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S) 第1回公式合同テスト鈴鹿: KCMGのタイヤ交換 第1回公式合同テスト鈴鹿: タチアナ・カルデロン(ThreeBond Drago CORSE) ジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)

 公式合同テストは、11日・12日のそれぞれ午前と午後に行われた。各セッションは2時間ずつの予定だったが、12日の午後は雨が予想されたため、午前2時間30分、午後1時間30分で行われた。

 雨は12日、午前中セッションの終盤から降り始め、午後のセッションは終始雨となった。そのため、3回目のセッションでトップタイムを記録した平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19)が総合でもトップに付けた。平川は昨年ランキング2位で、初のチャンピオンに向けて好スタートを切った。

 総合2位には今シーズン無限からSFフル出場予定の大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh)が入った。遅咲きの新人となったが速さには定評があり、活躍が楽しみである。

 総合3位には病気から回復したものの大事を取ってテストを欠席した牧野任祐の代役、笹原右京(DANDELION RACING)が入った。 笹原は昨年SFに参戦し、終盤には予選や決勝で上位に食い込む走りを披露しており、今シーズンのさらなる躍進が期待されていたが、残念ながら現在のところレギュラーシートを獲得していない。

 総合4位には平川の僚友、関口雄飛(TEAM IMPUL)が、5位には福住仁嶺(DANDELION RACING)が、6位には昨年2勝を飾った坪井翔(INGING MOTORSPORT)が続いている。

 スーパーフォーミュラ・ライツのテストにも参加していた中嶋一貴の代役、ジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)は9位、ルーキー、宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)は10位、ディフェンディングチャンピオンでカーナンバー1を携えてダンディライアンレーシングからナカジマレーシングに移籍してきた山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)は14位と振るわなかった。

 2回目のテストは、23日・24日の両日、富士スピードウェイで行われ、いよいよ4月4日には第1戦の決勝が同所で行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース