Archives

  • [—]2021 (547)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第14戦もてぎ決勝記者会見 優勝・佐藤蓮「コースレコードを狙っていた」

表彰式

優勝 佐藤蓮(TODA RACING)
 「スタートは失敗じゃなかったですが、アレジ選手にならばれてイン側をブロックできたので前に行かすことはなくポジションをキープできました。その後は、タイヤも同じ(ユーズド)だったので、自分のペースで走ってプッシュし、最終ラップにファステストを出せました。路面にマシンにはうまくあって予選をうわまわるタイムで走れていたので、後半はコースレコードも狙っていました。次の第9戦はスタートを決めて3連勝を目指したいです」
決勝2位 ジュリアーノ・アレジ(TOM'S)
 「トップに立つことはできませんでしたが、昨日よりスタートは決まりました。トップに立てなかったですし、スタートから終わりまで佐藤選手より足りなかったですね。コンディションが変ったけど、1~2周走れば分かるので、クルマのバランスには適応できました。データを調べて次のレースに備えて、いいスタートを切り、タイヤマネージメントを勉強したいです」
決勝3位 三宅淳詞(Rn-sports)
 「スタートで抜かれましたが、3コーナーのバトルで前に出られたので良かったです。。ニュータイヤだったのに、名取選手より速くなくて、次のレースに向けて改善したいです。ペースは悪くてもこのコースは抜かれないので良かったです。路温が下がったことで、全然違うクルマになりました。次は6番グリッドですが、スタートで前に行かないと厳しいです。今回悪かったペースをデータを見て、見直したいと思います」
Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース