Archives

  • [—]2021 (484)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

鈴鹿S-FJ選手権

S-FJ:第5戦鈴鹿公式予選 佐藤巧望が初ポールポジション、2位に上野大哲が、3位に森山冬星が続く

 スーパーFJ地方選手権鈴鹿シリーズ第5戦は24日、鈴鹿サーキットで公式予選を行い、佐藤巧望(MYST.KK-SII.制動屋.佐藤歯科)が初ポールポジションを獲得した。

 公式予選は午後2時50分より20分間で行われた。

 開始5分、まずトップに立ったのは2分18秒517で三島優輝(Rn-Sports制動屋KKS-2)。これに上野大哲(SACCESS RACING ES)、岸本尚将(Tamayura Athle ABBEY KKSII)が続く。

 開始7分には居附明利(SACCESS RACING)が2分17秒534でトップに立つ。上野は2位のままで三島は3位に落ちた。

 その直後、トップに浮上したのは2分17秒119で佐藤巧望(MYST.KK-SII.制動屋.佐藤歯科)。森山冬星(DIXCEL☆ROYAL/MYST)と髙口大将(FTK・レヴレーシングガレージ)も2位、3位に上がってきた。

 ここから各ドライバータイムアップに苦戦していたが、最終的には佐藤が1分16秒986と若干タイムを縮め、ただ一人16秒台でポールポジションを決めた。佐藤は初ポールポジション。

 2位には上野が食い込み、3位には森山が入った。4位には高口が、5位には居附が、6位には冨田自然(MYST KK-SⅡ/Aruga Support)が続いている。

 決勝レースは明日25日、午後1時20分より10周で行われる。

ポールポジションは佐藤巧望(MYST.KK-SII.制動屋.佐藤歯科)

予選2位は上野大哲(SACCESS RACING ES)

予選3位は森山冬星(DIXCEL☆ROYAL/MYST)

予選4位は髙口大将(FTK・レヴレーシングガレージ)

予選5位は居附明利(SACCESS RACING)

予選6位は冨田自然(MYST KK-SⅡ/Aruga Support)

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース