Archives

  • [—]2021 (257)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第6戦鈴鹿決勝 PPスタートの#50名取が3連勝を達成

2021年全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第6戦の決勝が4月25日、三重県の鈴鹿サーキットで行われ、#50名取鉄平(Byoubugaura B-MAX Racing 320)が今季4勝目を獲得。第4戦、第5戦に続いて3連勝を達成した。

優勝は名取鉄平(Byoubugaura B-MAX Racing 320) 決勝2位はジュリアーノ・アレジ(TOM\'S 320) 決勝3位は平良響(Kuoカローラ中京TOM\'S 320)

第6戦決勝は午後4時35分にフォーメーションラップ開始。周回数は17だ。

スタートでトップに立ったのはポールポジションの#50名取。2位に#36ジュリアーノ・アレジ(Deloitte. TOM'S 320)が続き、3位は#1野中誠太(Kuoカローラ中京TOM'S 320 )、4位には#37平良響(Kuoカローラ中京TOM'S 320)が続いて1コーナーを通過する。

その後#37平良はスプーンカーブで#1野中を捉えて3位に浮上、続いて#35河野もシケインで#1野中を抜いて4位に浮上して1周目を終えた。

第4戦でのリタイヤにより最後尾スタートとなった#2佐藤蓮(TODA FIGHTEX )は1周めに8位、2周目には7位に浮上、6周目には#1野中をも捉えて6位に浮上してきた。

3位の#37平良はタイムの伸びない#36アレジにも接近。2周終了時点で0.3秒後方に迫るが、アレジも負けじと3周目に1.069秒まで差を広げ、その後は徐々に平らを引き離していく。

この間にトップの#50名取は着実にリードを広げ、4周修了時点で2.041秒、8周目には2.979秒差をつけてきた。

その8周目に、6位の#2佐藤は1'53.651のファステストラップを叩き出す。5位の#10三宅はすぐ目の前だ。

9周目には#50名取が1'53.471を出してファステストラップを更新。

10周目のホームストレートでは#10三宅が#35河野を1コーナー手前で捉えて4位に。

続いて#2佐藤も12周目の1コーナーでアウトから#35河野を交わして5位に浮上すると、13周目には1'53.445、14周目には1'53.221と立て続けにファステストラップを更新し、#10三宅の背後に接近していく。

2位の#36アレジは終盤に入ってトップの#50名取を上回るペースで追い上げるが、#50名取は最後までアレジに付け入る隙を与えずに17周を走りきり、今週末を3連勝で終えた。フィニッシュ時点での2位アレジとの差は1.543秒だった。

3位には#37平良響が入り、今季初の表彰台を獲得。#10三宅はレース終盤に#2佐藤の追撃を受けたものの最後までポジションを守り切って4位でチェッカーを受けた。

次戦の舞台は九州のオートポリス。5月15-16日に第7、8、9戦を行う。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース