Archives

  • [—]2021 (484)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP

FRJ:第3戦岡山決勝 上位入賞ドライバーのコメント 片山義章「3連勝でき最高の週末」

優勝 片山義章(KATAYAMA YOSHIAKI)
優勝した片山義章(KATAYAMA YOSHIAKI)  「そんなに悪いスタートではなかったんですが、塩津選手が気合いが入っていたのか、めちゃくちゃいいスタートでやられました。付いてはいけましたが、ダウンフォースも抜け、抜くのは難しかったです。ただ、我慢してプレッシャーを与えていけば、みんなミスもしますし、それを狙っていました。塩津選手のリアが滑り始めたので、2コーナーで近づいて、アトウッドの立ち上がりでも滑ったので、そこからインに入って、閉められましたが、ヘアピンでぎりぎり抜くことができました。そこからはフラストレーションがたまっていたコーナーを思いっきりいって、気持ちよく走りました。3連勝でき最高の週末になりました」
2位 古谷悠河(TOM'S YOUTH)
決勝2位の古谷悠河(TOM\'S YOUTH)  「序盤のペースが良くなくて(片山選手に)離されてしまい、追いつくまでいけませんでした。塩津選手が2コーナーの立ち上がりではみ出して失速したところで抜き、2位に上がりました。ニュータイヤを履いていたのですが、ベストタイムはコンマ1秒ほどしか速くないので、タイヤ的にはもうちょと速くないといけないですね。今回、片山選手に全部負けてしまったので、反省して練習し、クルマも自分の走りもいいところを見つけていきたいと思います」
3位 塩津佑介(Power s MP F111)
決勝3位の塩津佑介(YOUSUKE SHIOTSU)  「チームの皆さんと改善しようと試行錯誤し、自分も走り方を変えて、最後のレースは狙っていました。スタートもうまく決まり、ペースもコントロールして、このままいけるかなと思っていましたが、後半、ペースを一段上げることができませんでした。あのまま押さえて逃げ切りたかったんですが、そこまでの力が自分にはなかったので、これが今回の敗因かなと思います。参戦に当たって、応援していただいた方も多く、どうしても結果を出したかったんですが、でも今後に向けてすごい勉強になったレースでした。次にどんなレースに出るか分かりませんが、実力を発揮して進んできたいと思います」
4位 三浦愛(Super License)
決勝4位の三浦愛(Super License)  「スタートの蹴り出しは良かったんですが、1~2コーナーのポジション取りが良くなくて4位に落ちました。アトウッドでアレン選手の立ち上がりが悪かったので、併走してヘアピンのインに入ったんですが、ブレーキロックさせてアレン選手に当たってしまいました。アレン選手がスピンしてよけるのに精一杯で、田中選手に先に行かれました。レーシングアクシデントでしたが、もうちょっと処理がうまくできていれば良かったと思います。でも、リタイアしなくて良かったです。クルマは若干違和感を感じていましたが、走りに影響するほどではありませんでした。後半のペースは塩津選手より良かったですが、序盤に失ったタイムを取り戻せなかったので悔しいです。次も出ます」
マスタークラス優勝 DRAGON(B-MAX ENGINEERING)
マスタークラス優勝のDRAGON(B-MAX ENGINEERING)  「今週はツキに見放されている感じだったので、最後のレースは落ち着いて行こうという感じでした。今田選手が迫ってきましたが、フォーミュラのレースですし、前に出れば押さえ方とか経験の差もあるので、ミスらなければ抜かれないという自信はありました。このシリーズは出られる範囲は出たいと思っています。田中選手とか速い方が出てきて、簡単ではないんですが、頑張ってチャンピオンを目指します」
Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum
Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース