Archives

  • [—]2021 (484)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP (FIA-F4)

FIA-F4:第5戦もてぎ決勝 第2戦富士に続いて#35野中が連勝を達成

13周の決勝がスタートした

FIA-F4選手権第5戦の決勝が7月17日、栃木県のツインリンクもてぎで行われ、#35野中誠太(TGR-DC RSトムススピリットF4)が第2戦富士に続いて今季2勝目を飾った。

優勝は野中誠太(TGR-DC RSトムススピリットF4)

決勝2位は伊東黎明(OTG DL F4CHALLENGE)

決勝3位は太田格之進(HFDP/SRS/コチラレーシング)

第5戦決勝は12時15分より13周で行われた。天候は晴れ。路面はドライだ。

スタートでは予選2番手の#35野中が見事な加速でポールの#80伊東黎明(OTG DL F4CHALLENGE)を抜き去り、トップで1コーナーに飛び込んだ。

#7太田格之進(HFDP/SRS/コチラレーシング)も4コーナーで#6木村偉織(HFDP/SRS/コチラレーシング)をかわして3番手に浮上してきた。

トップに立った#35野中は序盤から後続を徐々に引き離しにかかり、最後は2位に6.044秒の大差をつけて13周を走りきり、第2戦に続いて今季2勝目をものにした。

その後ろでは#80伊東と#7太田が接近戦を展開するが、太田はなかなか伊東を交わすことができない。その後方には#6木村、#14荒川らも迫ってきた。

#36荒川はファイナルラップで#6木村を捉えて4位に浮上するが、#7太田は結局最後まで#80伊東を攻略できず、#80伊東が2位、#7太田が3位でフィニッシュすることになった。

インディペンデントカップは予選トップの#63鳥羽がそのまま逃げ切って優勝、#11HIROBONが2位、#96斎藤が3位に入った。

FIA-F4選手権はこのあと午後4時10分より第6戦決勝を13周で行う。

表彰式

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース