Archives

  • [—]2020 (358)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

S耐:第4戦もてぎ公式予選 ST-Xクラスの星野敏/藤井誠暢/近藤翼組が総合のポールポジションを獲得

 ピレリスーパー耐久シリーズ第4戦「もてぎスーパ耐久5時間レース」は21日、栃木県のツインリンクもてぎで公式予選を行い、ST-Xクラスの星野敏/藤井誠暢/近藤翼組(D'station Vantage GT3)が総合のポールポジションを獲得した。

総合&ST-Xクラスポールポジションは星野敏/藤井誠暢/近藤翼組(D\'station Vantage GT3) ST-Zクラスポールポジションは星野辰也/織戸学/篠原拓朗/浜健二組(D\'station Vantage GT4) ST-TCRクラスポールポジションは遠藤光博/中野信治/大津弘樹/小出峻組(Racerホンダカーズ桶川DOME CIVIC) ST-1クラスの蒲生尚弥/豊田大輔/小倉康宏/河野駿佑組(ROOKIE Racing GR SUPRA)は順位認定ならず ST-2クラスポールポジションは井口卓人/佐々木雅弘/MORIZO組(ROOKIE Racing GR YARIS) ST-3クラスポールポジションは平木玲次/平木湧也/高橋知己組(HELM MOTORSPORTS RC 350) ST-4クラスポールポジションは平中克幸/国本雄資/ヒロ・ハヤシ/石川京侍組(林テレンプSHADE RACING 86) ST-5クラスポールポジションは橋本陸/草野貴哉/加賀美綾佑/小原康二組(odula AVANTECHロードスター)

 公式予選の行われるツインリンクもてぎは早朝より雲一つない好天に恵まれた。午後1時よりAドライバー予選が、午後2時よりBドライバー予選がそれぞれクラス分けされた50分間で行われ、A、Bドライバーの合算タイムで明日決勝のグリッドが決定される。

 5チームが参加したST-Xクラスは、Aドライバーの星野敏、Bドライバーの藤井誠暢ともトップタイムの星野敏/藤井誠暢/近藤翼組(D'station Vantage GT3)がポールポジションを獲得。2位には山脇大輔/ショウン・トン/根本悠生組(HIRIX GOOD DAY RACING AMG GT3)、3位にはジョー・シンドウ/柴田優作/影山正美/井上恵一組(MP Racing GT-R)が入った。

 10チームが参加したST-Zクラスは、Aドライバーの星野辰也、Bドライバーの織戸学とも2位と安定して上位に付けた星野辰也/織戸学/篠原拓朗/浜健二組(D'station Vantage GT4)がポールポジションを獲得。2位には鈴木宏和/砂子塾長/木下隆之組(SS/YZ Studie BMW)が、3位には飯田太陽/加藤寛規/高橋一穂組(ケーズフロンティアSYNTIUM KTM)が入った。

 5チームが参加したST-TCRクラスは、Aドライバーの遠藤光博がトップタイム、Bドライバーの中野信治が3位に付けた遠藤光博/中野信治/大津弘樹/小出峻組(Racerホンダカーズ桶川DOME CIVIC)がポールポジション。2位には中原英貴/富田竜一郎/柳田真孝/藤井優紀組(Audi RS 3 LMS)が、3位には植松忠雄/井出有冶/川端伸太朗組(F・Link Home CIVIC TCR)が入った。

 1チームのみ参加のST-1クラスは、蒲生尚弥/豊田大輔/小倉康宏/河野駿佑組(ROOKIE Racing GR SUPRA)がトラブルのためBドライバー予選に出走できず。予選の順位認定はされなかったが、トラブルが解消できれば明日はグループ1最後尾からの出走になると思われる。

 6チームが参加したST-2クラスは、Aドライバーの井口卓人、Bドライバーの佐々木雅弘ともぶっちぎりのタイムで2位以下を圧倒、井口卓人/佐々木雅弘/MORIZO組(ROOKIE Racing GR YARIS)がポールポジションを獲得した。2位には冨桝朋広/菊地靖/大橋正澄組(新菱オート☆NeoGlobe☆DXLエボX)が、3位には成澤正人/安斎景介/藤井芳樹/八巻渉組(新菱オート☆VARIS☆DXLエボX)が入った。

 5チームが参加したST-3クラスは、A、Bドライバーの平木兄弟がそろってトップタイム。平木玲次/平木湧也/高橋知己組(HELM MOTORSPORTS RC 350)がポールポジションを獲得した。2位には大島和也/冨林勇佑/石井宏尚/伊藤善博組(エアーバスターWINMAX RC 350 TWS)が、3位には服部尚貴/吉田広樹/川合孝汰/平沼貴之組(埼玉トヨペットGBクラウンRS)が入った。

 7チームが参加したST-4クラスは、ウエイトハンディ30キロを積んだ平中克幸/国本雄資/ヒロ・ハヤシ/石川京侍組(林テレンプSHADE RACING 86)がAドライバー、Bドライバーとも2位以下を大きく離しトップタイム。ポールポジションを獲得した。2位には野中誠太/平良響/翁長実希組(KTMS 86)が、3位には小河諒/宮田莉朋/松井孝允/花里祐弥組(ENDLESS 86)が入った。

 13チームが参加したST-5クラスは、Aドライバーの橋本陸がトップタイム、Bドライバーの草野貴哉が4位だったものの、橋本陸/草野貴哉/加賀美綾佑/小原康二組(odula AVANTECHロードスター) がポールポジションを獲得した。2位には武地孝幸/太田達也/植田正幸/外園秋一郎組(odula TONE Idiaロードスター)が、3位には村上博幸/中島保典/谷川達也組(村上モータースMAZDAロードスター)が入った。

 決勝は明日22日、午前11時より5時間レースとして行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Keiichiro TAKESHITA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース