Archives

  • [—]2020 (362)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

S耐:第3戦岡山グループ1公式予選 ST-Xクラスの星野敏/藤井誠暢/近藤翼組が総合のポールポジションを獲得

 ピレリスーパー耐久シリーズ第3戦は31日、岡山国際サーキットでグループ1(ST-X、ST-Z、ST-TCR、ST-1、ST-2、ST-3クラス)の公式予選を行い、総合でST-Xクラスの星野敏/藤井誠暢/近藤翼組(D'station Vantage GT3)がポールポジションを獲得した。

ST-Xクラスポールポジションは星野敏/藤井誠暢/近藤翼組(D\'station Vantage GT3) ST-Zクラスポールポジションは星野辰也/織戸学/篠原拓朗/浜健二組(D\'station Vantage GT4) ST-TCRクラスポールポジションは植松忠雄/井出有冶/川端伸太朗組(F・Link Home CIVIC TCR) ST-1クラスポールポジションは蒲生尚弥/豊田大輔/小倉康宏/河野駿佑組(ROOKIE Racing GR SUPRA) ST-2クラスポールポジションは井口卓人/佐々木雅弘/MORIZO組(ROOKIE Racing GR YARIS) ST-3クラスポールポジションは大島和也/冨林勇佑/石井宏尚組(エアーバスターWINMAX RC 350 TWS)

 グループ2の公式予選に続き、午前9時20分よりグループ1の公式予選が行われた。快晴の下、太陽も高度を上げ徐々に暖かくなってきた。Aドライバー、Bドライバーのタイムアタックが30分間、10分のインターバルで2セッション行われ、A、Bドライバーの記録したタイムの合算でグリッドが決定する。

 6チームが出走したST-Xクラスは、Aドライバーの星野敏が僅差で2位、Bドライバーの藤井誠暢が2位以下を0秒3上回った777号車・D'station Vantage GT3がポールポジションを獲得。2位には永井宏明/上村優太組(16号車・Porsche Center Okazaki GT3R)が、3位には永井秀貴/嵯峨宏紀組(31号車・DENSO LEXUS RC F GT3)が入った。

 9チームが出走したST-Zクラスは、Aドライバーの星野辰也、Bドライバーの織戸学ともトップタイムをマークした47号車・D'station Vantage GT4が文句なしのポールポジション。2位にはAドライバーの飯田太陽、Bドライバーの加藤寛規とも2位に付けた2号車・ケーズフロンティアSYNTIUM KTMが、3位には2連勝で50キロのウエートハンディを積む3号車・内田優大/山内英輝組(ENDLESS AMG GT4)が入った。

 3チームが出走したST-TCRクラスは、植松忠雄/井出有冶組(290号車・F・Link Home CIVIC TCR)が、2チームが出走したST-1クラスは、蒲生尚弥/豊田大輔組(28号車・ROOKIE Racing GR SUPRA)が、4チームが出走したST-2クラスは、井口卓人/佐々木雅弘組(32号車・ROOKIE Racing GR YARIS)が、4チームが出走したST-3クラスは、大島和也/冨林勇佑組(39号車・エアーバスターWINMAX RC 350 TWS)がポールポジションを獲得した。

 グループ1決勝は明日11月1日、午後1時30分より3時間レースとして行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Keiichito TAKESHITA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース