Archives

  • [—]2020 (290)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

S耐:第2戦SUGOグループ2決勝 ST-4クラスは久保/細川/坪井組がポールトゥウィン ST-5クラスは太田/伊藤/松尾/佐藤組が優勝

 ピレリスーパー耐久シリーズ第2戦は10日、スポーツランドSUGOでグループ2(ST-4、ST-5クラス)の決勝を行い、ST-4クラスで久保凜太郎/細川慎弥/坪井翔組(GR Garage水戸インターGR86T)が、ST-5クラスで太田侑弥/伊藤裕士/松尾充晃/佐藤駿介組(THE BRIDE FIT)が優勝した。

レースはセーフティーカー先導でスタートした ST-4クラスのスタートシーン ST-5クラスのスタートシーン ST-4クラス優勝は久保凜太郎/細川慎弥/坪井翔組(GR Garage水戸インターGR86T) ST-4クラス決勝2位は小河諒/宮田莉朋/松井孝允組(ENDLESS 86) ST-4クラス決勝3位は平中克幸/国本雄資/ヒロ・ハヤシ/石川京侍組(林テレンプSHADE RACING 86) ST-5クラス優勝は太田侑弥/伊藤裕士/松尾充晃/佐藤駿介組(THE BRIDE FIT) ST-5クラス決勝2位は村上博幸/中島保典/谷川達也組(村上モータースMAZDAロードスター) ST-5クラス決勝3位は梅田真祐/久保田英夫/窪田俊浩組(J\'S RACING☆FIT)

 グループ2の予選から降り続き、グループ1の予選を中止に追い込んだ雨は午後になっても勢いが衰えず、午後1時10分から始まるグループ2の決勝はセーフティーカー(SC)スタートとなった。

 SCは4周を回ってピットへ。この間1周目には予選3位13号車・小河諒/宮田莉朋/松井孝允組(ENDLESS 86)がスタートドライバーを務めた小河から宮田に、2周目にはポールポジション310号車・久保凜太郎/細川慎弥/坪井翔組(GR Garage水戸インターGR86T)が久保から細川にドラーバーチェンジ。2回のドライバー交代を伴うピット義務の内1回を消化した。

 この後、複数のコースアウト車両があり、2回のSCが導入された。荒れた展開の中、序盤のピット作戦が功を奏し、310号車は細川から最終ドライバーの坪井に後退するとトップに浮上し、そのまま優勝。2位には13号車が、3位には884号車・平中克幸/国本雄資/ヒロ・ハヤシ/石川京侍組(林テレンプSHADE RACING 86)が入った。

 ST-5クラスは予選4位から接戦を制した4号車・太田侑弥/伊藤裕士/松尾充晃/佐藤駿介組(THE BRIDE FIT)が優勝。2位には88号車、村上博幸/中島保典/谷川達也組(村上モータースMAZDAロードスター)が、3位には69号車・梅田真祐/久保田英夫/窪田俊浩組(J'S RACING☆FIT)が入った。

ST-4クラスの表彰式 ST-5クラスの表彰式

 明日11日は、グループ1(ST-X、ST-Z、ST-TCR、ST-1、ST-2、ST-3クラス)の決勝が午後1時より3時間レースとして行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Keiichiro TAKESHITA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース