Archives

  • [—]2020 (290)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

SF:第3戦SUGO占有走行 終盤の熾烈なタイム更新合戦を制した福住仁嶺がトップタイム

 全日本スーパーフォーミュラ選手権(SF)第3戦は17日、宮城県のスポーツランドSUGOで占有走行を行い、福住仁嶺(DOCOMO DANDELION M6Y SF19)がトップタイムを記録した。

占有走行: トップタイムは福住仁嶺(DOCOMO DANDELION M6Y SF19) 占有走行: 2位はサッシャ・フェネストラズ(ORIENTALBIO KONDO SF19) 占有走行: 3位は平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19) 占有走行: 初登場のセルジオ・セッテ・カマラ(Buzz Racing SF19)は17位と振るわず

 占有走行は午前10時20分より1時間5分で行われた。雨は降り続き肌寒い中、路面はヘビーウェット。各マシン水しぶきを後方に従え走行が始まる。

 開始10分過ぎトップに立ったのは中嶋一貴(VANTELIN KOWA TOM’S SF19)。しかしこれを石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19)が上回る。

 開始20分には前戦優勝の坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING SF19)が1分19秒938でトップに立つが、ここでSF初登場のセルジオ・セッテ・カマラ(Buzz Racing SF19)が3コーナー先でスピン。赤旗が提示される。

 セッションは10時52分より残り28分で再開。

 残り15分、坪井が1分19秒577までタイムを縮めると、これを上回ってきたのが19秒526でチームメートの石浦。しかし翌周、坪井は19秒426をたたき出しトップを奪い返す。

 セッションはこのまま終了かと思われたが、終了5分前から、めまぐるしくトップが代わるタイム更新合戦が繰り広げられた。

 まず、1分19秒340で大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING SF19)がトップに立つと、関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19)がこれを19秒192で上回りトップ。さらに平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF19)が18.986でトップに躍り出るが、まだまだトップ争いは続く。サッシャ・フェネストラズ(ORIENTALBIO KONDO SF19)が18秒943トップに立つも、最終的には福住仁嶺(DOCOMO DANDELION M6Y SF19)が18秒726をたたき出し、この争いに終止符を打った。

 トップは福住、2位にフェネストラズ、3位に平川、4位に中嶋、5位に大湯、6位に関口と一時はリーダーとなったドライバーが続いた。

 この後、午後1時40分から1時間のフリー走行を行い、いよいよ明日18日は、公式予選と決勝が行われる。

Text: Yoshinori OHISHI
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース