Archives

  • [—]2020 (45)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

S-FJ鈴鹿シリーズ

SFJ:第1戦鈴鹿公式予選 岡本大地がポールポジションを獲得

 スーパーFJ地方選手権鈴鹿シリーズ開幕第1戦は14日、鈴鹿クラブマンレース第1戦で公式予選を行い、2分16秒383で岡本大地(FTK・レヴレーシング)がポールポジションを獲得した。

ポールポジションは岡本大地(FTK・レヴレーシング)

予選2位は上野大哲(SACCESSRACING)

予選3位は西村和真(WEST 19J)

ポールポジションの岡本大地(FTK・レヴレーシング)

 今シーズンは新型コロナウィルスの影響で日本のみならず海外でも多くのレースが延期・中止になるなか、鈴鹿クラブマンレースは無事開幕。午後4時よりスーパーFJ第1戦の公式予選が20分間で行われた。

 未明から降り続いた雨も午後には上がり、予選前には青空も広がった。コースにはまだウェットパッチが残る。三島優輝(Rn Sports KKS2)と元嶋成弥(MYST.NAVY AUTO.制動屋.KKS-2)の2人がウエットタイヤ、他はドライタイヤを履いて20人がコースインした。

 予選は、岡本大地(FTK・レヴレーシング)と上野大哲(SACCESSRACING)のシーソーゲームとなった。3周目には岡本がタイムを2分19秒674まで縮めトップに立つ。4周目には上野が18秒096でトップに立つが、5周目にS字でスピン。それでも6周目にはタイムを17秒307まで縮めトップに君臨。

 7周目には岡本が2分17秒066でトップを逆転すると、8周目には16秒594を出した上野が再びトップを奪い返す。

 しかし最終となった9周目には「狙っていた」という岡本がタイムを16秒383まで縮めてこの争いは決着、ポールポジションを獲得した。上野は最終周には遅いクルマにひっかかりタイムアップならず。0秒211差で2位に甘んじることとなった。

 3位には紅一点の女性ドライバー、下野璃央(Drago CORSE 10V)が付けていたが、西村和真(WEST 19J)が最終アタックでこれを逆転して3位に滑り込んだ。下野は4位で予選を終えた。

 ウェットタイヤで予選を始めた元嶋は、序盤にドライタイヤに交換。タイヤが暖まると徐々に順位を上げ5位までポジションアップ。6位には髙口大将(Drago CORSEスカラシップ)が入った。

 ポールポジションの岡本はスーパーFJ岡山シリーズのチャンピオン、F1サポートレースでも優勝の経験を持つ。今シーズンはレヴブレーシングに移籍し、チーム所属のドライバーのコーチも行いつつ、全戦参加し鈴鹿のチャンピオンを目指す。

 決勝レースは明日15日午後1時55分より10周で行われる。予報は晴れ。2位の上野は鈴鹿レーシングスクール・フォーミュラ(SRS-F)では岡本と同期で実力は折り紙付き。予選で3位以下を大きく離したこの2人で優勝争いが行われそうだ。3位の西村は自身最高位のポジションから表彰台をうかがう。女性ドライバーの下野、ドライで速い元嶋の動向にも注目だ。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース