Archives

  • [—]2020 (271)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第1戦富士ポールポジション会見 「自分にとっては追加の3か月を有効に使えた、ということになると思います」(平川亮)

GT500 Class #37 KeePer TOM'S GR Supra

平川亮
GT500クラスでポールポジションを獲得した平川亮  クルマが新しくなっただけでなく、開幕戦が富士に変更されたことも含めて、今シーズンのSUPER GTはいつもと違っています。でも、年間4戦ある富士で速さを見せることができ良かったですね。ただ、これまでと違って予選が終わっても午後には決勝レースが控えているので気分を切り替える必要があります。オフはずっと家にいました。実は1月に骨折していて(3月の公式テスト岡山では)走っていても少し痛みが出ていたんです。だから(本来の開幕戦は)ちょっと厳しいなと思っていました。でも、3か月経って6月の公式テスト富士ではまったく問題がありませんでした。だから自分にとっては追加の3か月を有効に使えた、ということになると思います。今日は7月本来の天気に戻ったみたいで、昨日に比べて5度から10度くらい気温や路面温度が上がっています。Q2用には少しハード目のタイヤを選んだのですが、それがぴったり合っていたようで、運も味方してくれました。決勝レースではもちろん、ポール・トゥ・フィニッシュを狙ってがんばります。
ニック・キャシディ
GT500クラスでポールポジションを獲得したニック・キャシディ  開幕戦でポールポジションを獲ることができて最高な気分です。午後のレースに向けても準備はバッチリです。ただ午後の決勝レースまで、あまり時間がないのでこの会見が長引いたら(スタートに)間に合わないかもしれない。それが心配ですね(笑)。長くなったオフですが、個人的にはのんびり過ごすことができ、随分リラックスできました。そして新たなスケジュールが決まってからは、レースに向けて自分のペースを取り戻すようにしてきました。平川選手は骨折していましたが、実は僕も体調を崩してマレーシアのテストは参加できなかったんです。それで37号車はテスト不足ということになってしまった。だから今回はもうベストをつくだけと思う存分に走って、クルマの特徴をつかみ、クルマに慣れよう、そう富士に来ました。昨日は気温も路面温度も予想した以上に低かったのですが、それでも良いタイムをマークできました。今日は朝の8時にタイヤをチョイスしたのですが、自分が担当したQ1ではちょっと厳しかったかな。でもQ2に向けてはバッチリのタイヤが選べたと思います。午後に行われるレースが、とても楽しみです。

GT300 Class #65 LEON PYRAMID AMG

蒲生尚弥
GT300クラスでポールポジションを獲得した蒲生尚弥  開幕戦でポールポジションを獲ることができ、幸先良いスタートが切れたと思います。テストからチームと一緒に準備をしてきたことが、このポールに繋がっているのだと思います。 オフには、長い間何も考えずにゆっくり休んでいました。マスク着用などの新しい生活様式も、慣れてしまえばまったく苦じゃなかったですね。 今日は昨日に比べて暖かくて、7月の普通の天気になったみたいですね。自分たちにとっては、よりベターなコンディションになりました。決勝ではいつものように、最後の最後まであきらめることなく走り切ることを目指しています。
菅波冬悟
GT300クラスでポールポジションを獲得した菅波冬悟  Q1では(スピンして)チームの皆をヒヤッとさせてしまいましたが、結果的にポールが獲れてよかったです。これもチームが良いクルマを作ってくれ、ブリヂストンさんが良いタイヤを用意してくれたおかげです。そしてQ1を突破することができて、先輩の蒲生選手が見事なフォローでポールを獲ってくれました。ポールからスタートするのは初めてなので、落ち着いてスタートしたいです。開幕が遅くなって、行動が制限される中でも、いつ開幕してもいいようにトレーニングを進めてきました。マスクの着用と手指の消毒、そしてソーシャルディスタンス。これらも慣れればまったく問題なかったですね。昨日に比べて今日はずいぶん暖かくなりました。自分たちにとっては、温かい方が良いパフォーマンスを見せられると思うので良かったです。富士ではSUPER GTレースに参戦すること自体が初めてなので、笑って終われるようにしたいです。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース