Archives

  • [—]2020 (290)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA LIGHTS

SFL:第6戦決勝会見 「決勝はスタートしかないと思っていたので、自分のできることは全部準備してスタートしました」(宮田莉朋)

優勝した宮田莉朋(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM\'S) 予選で大失敗というか、雨の中では全然いいところがありませんでした。過去4年間で全然成長できていなくて、(阪口選手に)タイム差をつけられてしまいましたが、不幸中の幸いで2番手で終えることができました。決勝はスタートしかないと思っていたので、自分のできることは全部準備してスタートしました。前回は阪口選手にスタートで抜かれてしまいましたが、今回は阪口選手を抜いてトップに立つことができて嬉しかったです。第7戦でも(阪口選手に)ポールをとられてしまって2番手からのスタートですが、スタートに集中していきたいと思います。明日も自分のできることを最大限やってポイントを重ねていきたいです。
第6戦決勝2位 #50阪口晴南(B-MAX RACING TEAM)
決勝2位の阪口晴南(B-MAX RACING TEAM) 全日本F3からスーパーフォーミュラライツに変わって初めてポールポジションが取れました。もちろん勝つつもりでしたし、明日の第8戦をポールからスタートするためにも勝たなければいけないレースでした。でもスタートではアウト側が不利なんじゃないかという路面で、案の定ホイールスピンをさせてしまって(宮田選手の)先行を許してしまいました。中盤は小高選手を抑える展開になりました。中盤以降は離すことができましたが、序盤のペースが良くないことが今後に向けての課題です。
第6戦決勝3位 #37小高一斗(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM'S)
決勝3位の小高一斗(COROLLA CHUKYO Kuo TEAM TOM\'S) 僕もスタートでホイールスピンさせてしまって、河野選手に並ばれてしまいました。河野選手が紳士的にレースしてくれたので僕がこの位置にいられると思います。阪口選手を追い上げる展開になりましたが、仕留めることができず、後半は離されてしまいました。木金とテストしてきて良いところ悪いところがわかってきたので、良いところを明日のレースに生かせればと思います。
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース