Archives

  • [—]2021 (1)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP

FIA-FR:第12戦岡山決勝 セット変更が決まった阪口晴南が6連勝

 フォーミュラ・リージョナルジャパニーズ選手権第12戦は1日、岡山国際サーキットで決勝を行い、ポールポジションからスタートした阪口晴南(Sutekina #3)が20周・29分3秒431で優勝した。マスタークラスはDRAGON(B-MAXエンジニアリング)が優勝した。

20周の決勝がスタートした 優勝は阪口晴南(Sutekina #3) 決勝2位は古谷悠河(TOM\'S YOUTH) 決勝3位は石坂瑞基(Sutekina #8) マスタークラス優勝はDRAGON(B-MAXエンジニアリング) マスタークラス決勝2位は植田正幸(Rn-sports F111/3) マスタークラス決勝3位は今田信宏(JMS RACING) 表彰式 マスタークラスの表彰式

 フォーミュラリージョナル第12戦は午前11時45分にフォーメーションラップが始まった。上空には雲が広がり、太陽が見え隠れする。今田信宏(JMS RACING)はステアリング系のトラブルでピットスタートとなった。

 スタートでは「第11戦より決まった」というポールシッターの阪口晴南(Sutekina #3)がトップで1コーナーに向かい、以下、予選順位通りに古谷悠河(TOM'S YOUTH)、三浦愛(Super License)、石坂瑞基(Sutekina #8)と続く。ヘアピンでは石坂が三浦を攻略し3位に上がった。

 トップに立った阪口は1周目に2位古谷を1秒4離すと、徐々にその差を広げ始める。7周目には2秒5と広げたところで、2位の古谷が8周目にここまでのファステストラップとなる1分26秒773をたたき出し2秒3と差を縮めた。

 ここから古谷の逆襲が始まると思われたが「短いインターバルの間にセットを大幅に変更した」という阪口のペースは衰えず、逆に9周目には1分26秒668とファステストを古谷から奪い返した。さらに10周目にはこのレースのファステストタイムとなる26秒638をマークし古谷を突き放す。

 阪口はその後も古谷との差を広げ20周を走って、5秒142差で悠々とゴール。第12戦を完勝で締めくくった。

 2位には阪口が、3位には大きく遅れて石坂が、4位には抜かれた後も石坂に食い下がった三浦が入った。

 マスタークラスはポールシッター・植田正幸(Rn-sports F111/3)のリードで始まるが、徐々に差を詰めてきた予選2位のDRAGON(B-MAXエンジニアリング)が10周目に植田をパス、そのままゴールした。2位は植田。3位にはピットスタートから順位を上げてきた今田信宏(JMS RACING)が入った。

 最終第13戦、第14戦は12月13日、舞台をオートポリスに移し開催される。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI
Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース