Archives

  • [—]2021 (1)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

FORMULA REGIONAL JAPANESE CHAMPIONSHIP

FIA-FR:第11戦岡山決勝 阪口晴南が5連勝 背後に古谷悠河の影が迫る

 フォーミュラ・リージョナルジャパニーズ選手権第11戦は1日、岡山国際サーキットで決勝を行い、ポールポジションからスタートした阪口晴南(Sutekina #3)が17周・24分54秒570で優勝した。マスタークラスは植田正幸(Rn-sports F111/3)が優勝した。

 フォーミュラリージョナル第11戦、第12戦決勝が行われる岡山国際サーキットは昨日の予選日に続き好天に恵まれた。朝方冷え込んだ気温も徐々に上昇する中、午前8時45分9台(うち4台はマスタークラス)が参加してフォーメーションラップが始まった。

17周の決勝がスタートした 優勝は阪口晴南(Sutekina #3) 決勝2位は古谷悠河(TOM\'S YOUTH) 決勝3位は石坂瑞基(Sutekina #8) マスタークラス優勝は植田正幸(Rn-sports F111/3) マスタークラス決勝2位はDRAGON(B-MAXエンジニアリング) マスタークラス決勝3位はSYUJI(B-MAXエンジニアリング) 表彰式 マスタークラスの表彰式

 好スタートを切ったのはポールポジションの阪口晴南(Sutekina #3)でトップで1コーナーを通過。予選2位の古谷悠河(TOM'S YOUTH)は1コーナーでオーバーラン、4位に落ち、2位には予選3位から石坂瑞基(Sutekina #8)が、3位には同4位から三浦愛(Super License)が上がる。古谷はオープニングラップに三浦をかわし3位まで順位を回復した。

 阪口は序盤から逃げる。4周目には石坂をパスしてきた古谷との差を5秒まで広げた。

 阪口はさらに11周目までに古谷との差を5秒5まで広げるが、ここから古谷の逆襲が始まる。

 古谷は12周目にこのレースのファステストとなる1分26秒875をたたき出すと、13周目、14周目と26秒台を連発し阪口との差を詰め始める。

 しかし残り周回も少なく古谷が阪口に2秒9まで迫ったところでチェッカー。優勝は阪口、2位には古谷が入った。

 3位には大きく遅れて石坂が、4位には三浦が続いた。

 マスタークラスは、オープニングラップでポールシッターの今田信宏(JMS RACING)と予選2位のDRAGON(B-MAXエンジニアリング)が接触。今田は危険なドライブ行為でドライビングスルーペナルティーをを科され、DRAGON(B-MAXエンジニアリング)も大きく遅れる。

 代わってトップに立ったのは植田正幸(Rn-sports F111/3)で2位のDRAGONを1分以上離し悠々とゴール。3位にはSYUJI(B-MAXエンジニアリング)が入った。

 阪口は優勝したが終盤のペースに課題を残し、追い上げた古谷は光明を見出したレースとなった。第12戦決勝はこの後午後11時45分からこのレースより3周多い20周で争われる。古谷が、出場したレースで全勝している阪口に土をつけられるかどうかに注目だ。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Katsuhiko KOBAYSHI
Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース