Archives

  • [—]2019 (302)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

TCR JAPAN SUNDAY

TCRJ-SUN:第2戦SUGO決勝 下克上の前嶋秀司が総合でもジェントルマンクラスでも優勝を飾る

 TCRJサンデーシリーズ第2戦は23日、スポーツランドSUGOで決勝を行い、予選2位からスタートしたジェントルマンクラスの前嶋秀司(ALFA ROMEO GIULIETTA TCR)が波乱のレースを制し、総合とジェントルマンクラスで優勝した。

トップを快走する前嶋秀司(ALFA ROMEO GIULIETTA TCR) レースは2度のセーフティーカーが導入された 総合&ジェントルマンクラス優勝の前嶋秀司(ALFA ROMEO GIULIETTA TCR) 2位の松本武士(Volkswagen Golf GTI TCR) ジェントルマンクラス2位のヒロボン(Volkswagen Golf GTI TCR) ジェントルマンクラス3位のYOSHIKI(Audi RS 3 LMS) 両クラスで優勝した前嶋秀司(GO&FUN Squadra Corse) 表彰式 ジェントルマンクラスの表彰式

 決勝レースはこの日の最終プログラムとして午後4時35分にフォーメーションラップが始まった。

 レースは、予選3位のマシュー・ホーソン(Honda CIVIC TCR)と同4位の金丸悠(Honda CIVIC TCR)が好スタートし、ポールポジションの篠原拓朗(Audi RS 3 LMS)に並びかける。しかしこの3台は1コーナー手前で接触。金丸と篠原はコースアウトしここでレースを終えることとなった。

 これで労せずしてトップに立ったのは予選2位でジェントルマンクラスの前嶋秀司(ALFA ROMEO GIULIETTA TCR。2位には松本武士(Volkswagen Golf GTI TCR)が、3位にはジェントルマンクラスのユーク・タニグチ(Honda CIVIC TCR)が続くが、このスタート直後の接触で早くもセーフティー(SC)が導入されることとなった。

 レースは再開するも今度は8周目に3位を走るタニグチが馬の背の進入で姿勢を崩してクラッシュ。再びSCが導入された。

 レースはファイナルラップの1周を残して再開。前嶋が逃げ切り優勝、2位には松本が、3位には後方から追い上げた密山祥吾(Volkswagen Golf GTI TCR)が入った。

 ジェントルマンクラスは総合でも優勝した前嶋がこちらも優勝。2位にはヒロボン(Volkswagen Golf GTI TCR)が、3位にはYOSHIKI(Audi RS 3 LMS)が入った。

 第3戦は富士スピードウェイに舞台を移し、7月14日に開催される。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorpsorts Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース